Vol.163 左上2番の先天性欠如と 右上2番の矮小歯を伴う 反対咬合における矯正治療

生まれつき、永久歯がないことが稀にあります。先天性欠如歯が発生しやすい部位は、下顎前歯と下顎第二小臼歯(5番)です。次いで、上顎側切歯(2番)です。
ちなみに上顎側切歯は矮小歯(わいしょうし)と呼ばれる円錐形の細く小さな歯として現れることが非常に多いです。
今回は、左上2番が先天性欠如歯、さらに右上2番が矮小歯であったために、前歯が反対咬合になってしまった症例をご紹介いたします。

ふかつ歯科・矯正歯科

ふかつ歯科・矯正歯科フカツシカ・キョウセイシカ

記事一覧

広島県福山市西深津町5-23-41

関連記事

新着投稿記事

  1. 【学びと体験ぷれこる】まろやかな音色の 「オカリナ教室」or 歴史があり奥深い「リコーダー教室」

  2. 【学びと体験ぷれこる】ワクワク自然体験!美味しい野菜を作って収穫 〜地元野菜のお弁当付き〜

  3. K様邸のリフォームが完成しました