ー 今が旬の牡蠣をネットショップや宅配で ー おうちに「かき小屋」の味を届けます

INTERVIEWEE
かき小屋 福山港店(かきごや ふくやまこうてん)
スタッフ 山中 美咲 さん(23)

宅配とネットショップスタート

 「おうちで牡蠣小屋」。そんなキャッチフレーズで今年、かき小屋福山港店が動き出した。これまでの店内食、テイクアウトに加えて、ネットショップと宅配のスタートだ。
 むき牡蠣、殻付き牡蠣、土手鍋セットなどもあり、ここで働く山中さんのイチオシは《かんかん焼きセット》。殻付き牡蠣とオリジナルポン酢、軍手、牡蠣ナイフがかんかんに入って届く。「この缶に、牡蠣と水またはお酒を入れて、家庭のコンロで約10分間火にかけるだけで、かき小屋の味を気軽に体験できますよ。鍋やフライパンを傷める心配もないし、牡蠣の味が抜群」。 コロナ禍で来客が激減したため「とにかく今が一番旬の広島県産の牡蠣を食べて欲しい」と考えてのこと。福山市内なら、午後2時までの電話注文で、その日のうちに配達もしてくれる。

牡蠣を中心にオールマイティ

 山中さんは、2年前からかき小屋スタッフとして在籍。ホールをメインにオールマイティな役どころで、コロナ禍で《かき弁当》に関わり、昨年、福山天満屋地下にオープンしたグループ店「神石カレー&元町フルーツ」でも勤めた。「今はネットショップからの出荷作業や、宅配の応援をする割合が増えています。作業にも慣れてきました」と、ニーズの変化と新しい事業の手応えを感じている。
 もともと入社した動機は「美味しい牡蠣が食べられると思ったから」と極めてシンプル。好物のカキフライは、店内食の看板メニューのひとつで「コロモがサクサク、牡蠣はプリプリ。卓上の甘めのソースとタルタルソースの両方をかけると、革命が起きる美味しさ」と表現する。ホタテやサザエなど貝類は苦手なのに、牡蠣だけ別格、というから本当に牡蠣好きなのだろう。

楽しく働きながら

ここにテキスト。“”の表示や数字など、縦書き表記のエラーチェック。 右の「タグ」は、「ケーキ」「車」「不動産」など、関連キーワードをつける。「よく使われているタグから選択」で、過去に使用されたタグから選べる(同意味の言い方違い防止)。

INTERVIEWEE DATA
かき小屋 福山港店(かきごや ふくやまこうてん)
広島県福山市新涯町2-23-3福山港フェリー乗り場跡
TEL:090-7121-9596

関連記事