季節を彩る暮らしの花色レシピ vol.35 チューリップ

春を代表する花チューリップ
日々姿を変える生命力が魅力

春を代表する花チューリップ。チューリップには、温度によって花びらを開いたり閉じたりさせる「傾熱性」という特徴があります。暖房が効いていない玄関と暖かいリビングに飾るのでは、開花の様子が異なります。品種によって花瓶に飾っている状態でも成長するものや、お辞儀をするように垂れ下がっていくものなど、形にもたくさんの種類があります。光に向かって動いたり、花びらを開いたり閉じたり、その生命力こそチューリップの魅力のひとつ。姿を変えていく様子を楽しむつもりで飾ってくださいね。

八重咲き:花びらが重なってバラみたいな咲き方

八重咲きの「ブルーダイヤ」、スイートピー、リュウココリーネ、ラナンキュラス、スカビオサ

ユリ咲き:すっと尖った花びらがエレガントな咲き方

ユリ咲きの「バレリーナ」、桃、ゼンマイ、スイートピー、ピンポンマム

一重咲き:誰もが「チューリップだ!」とわかる一重咲きのチューリップ

一重チューリップ、マーガレット

パーロット咲き:パーロットは英語でオウムのことで、鳥の羽のような花びらが特徴

パーロット咲きの「フレミングパーロット」、スイートピー、カーネーション、ユーカリ

このほかにも、クラウン咲きといって、王冠をイメージさせる個性的な咲き方のチューリップなどがあります。

関連記事

新着投稿記事

  1. 【アクサ生命・プレスシード】女性のためのゼロから始めるマネーセミナー

  2. 【学びと体験ぷれこる】まろやかな音色の 「オカリナ教室」or 歴史があり奥深い「リコーダー教室」

  3. 【学びと体験ぷれこる】ワクワク自然体験!美味しい野菜を作って収穫 〜地元野菜のお弁当付き〜