【異業種リレーの「わ」No.767 】いつまでも女性らしくいられるように

INTERVIEW No.767
Lumos Lab(ルーモス ラボ)
オーナー 天野 智子さん(35)

訪問美容の専門店

 今年1月、介護福祉施設などを対象にした訪問美容の専門店「Lumos Lab」を設立しました。施設でのカットやメイク、ネイルから店舗の運営まで、現在は私1人で行っています。
 私は専門学校を卒業してすぐ美容院に就職しました。25歳で結婚して退職するまで、ずっと美容師でした。結婚後3年間は専業主婦として家事をしていたのですが、また外に出て働きたくなり、歯科の受付やリハビリステーションの事務の仕事をしました。でも、いつかはまた美容師に戻りたいなと心のどこかで思っていました。

訪問美容師になるきっかけ

 店舗での美容師ではなく訪問美容師になろうと思ったきっかけは昨年、自宅で90歳になる祖母の髪を切ったことです。祖母が思っていた以上に喜んでくれて、そしてずいぶん若返ったように見えました。その時、女性は何歳になっても女性らしくいられることがうれしいんだなと気付かされましたし、外見を綺麗にすることで内面まで若返らせることができるんだなと実感しました。もちろん介護施設のスタッフさんもいろんなケアで内面から元気にされていると思います。でも私の技術で外見を綺麗にすることだけでも内面から元気にする方法のひとつになれるのではないかと思いました。

綺麗に、元気にしたい

 高齢の方や障がいがある方などヘアサロンに行きたくてもいけない方がたくさんいらっしゃいます。そういった方々を綺麗に、元気にして、喜んで頂くため、「Lumos Lab」ではヘアメイクの他、ネイルとメイクも行っています。それから、今はまだメニューになってはいませんが、ハンドマッサージの勉強もしています。将来的には美容のメニューやリラクゼーションのメニューをもっと増やして、髪だけではなく、トータルで綺麗になり、癒されるお店になれればと思っています。

主婦のコミュニティーの場にしたい

 今は1人ですが、これからもっと仲間を増やしていきたいです。この事務所が主婦コミュニティーの場に、憩いの場になってもらいたいです。そして趣味でパンを作っている方がいればそのパンを、裁縫が得意な方がいればその製品を、世の中に広めるお手伝いがしたいと思っています。主婦の中にもあらゆる可能性を持った方がいると思います。そういった可能性が開花できるような活動もしたいです。

 「Lumos」はラテン語で光という意味です。高齢者の美しさや、主婦の方の才能など、可能性はたくさん埋もれていると思います。そういった可能性に少しでも光を当てていくためにも、技術や知識を磨いていきます。まずは、「Lumos Lab」を1人でも多くの方にご利用していただきたいですね。

■ PROFILE
1987年生。福山市出身。美容専門学校卒業後、福岡と福山の美容院で美容師として働く。25歳の時、結婚を機に退職。今年1月訪問美容専門店「Lumos Lab(ルーモスラボ)」を設立。

■ SHOP DATA
Lumos Lab(ルーモスラボ)
福山市加茂町下加茂769-11
TEL:080-4264-0819

関連記事