【異業種リレーの「わ」No.719 】「今までもこれからも」

INTERVIEWEE No.719
+TERRA(てら)
オーナー 森本  晃彦 さん

リラックスできる空間

 美容師として東京や福山の店舗で勤務したのち30歳で独立し、「+TERRA」を創業しました。ここ西新涯町に店を構えたのは、独立から10年たった40歳のときです。沖野上、東深津、府中駅前で営業していた3店舗を、新築した2階建店舗に移転・統合しました。
 店は、1階を受付、吹き抜けの階段を上がった2階をカットスペースにしています。うちのお客様は、カットにカラーやパーマを合わせた施術をされる方が多いので、施術中リラックスしてもらえるように、空間を仕切った半個室席を設けました。席に置いたモニターで映画を見たり、好きな雑誌を読んだり、お茶を飲んだりと人目を気にせず自由に過ごしていただけます。小さなお子様連れの方などは、1ブースに2席設けたカップルシートへご案内していますよ。

ライフスタイルに合わせて

 カウンセリングの際は、お客様のことを知るためにいろんな質問をさせていただきます。どんな髪型にしたいのか、髪に関するお悩みは何か、お仕事上の制限はあるか、毎日髪を巻く方なのかなど、楽しくお話を聞かせてもらいながら、お客様のライフスタイルに合った決まる髪型を創ります。ですので、より良い提案のためにも恥ずかしがらずに相談してもらえると嬉しいですね。
 また、特別な日のために綺麗にしたい、明るい印象に変えたいなどのオーダーは私の腕の見せどころ。特に、女性のお客様に対しては、異性だからこそ気が付くその人らしさや美しさも引き出してあげられたらと思って仕上げています。

お客様に応えたい

 母や祖母など母方の家系が美容師という環境で育ちました。物心ついた頃から美容師になろうと思っていましたが、特に「美容師」という職業を意識したのは、私をとても可愛がってくれた大おばが亡くなったことでした。大おばもまた美容師で、晩年は病気をおして「お客さんが待ってるから」と店に出続け、仕事中に倒れて亡くなったんです。このことをきっかけに、大好きだった大おばが生涯を捧げた美容師という仕事はそこまで魅力的なものなのかと、子どもながらに興味を抱き始めたんですよね。
 大おばが美容師という仕事に魅了されたように、私もこの仕事に魅了され続けています。美容師として働くことは、もはや生活の一部ですから、もし宝くじが当たって一生働かずに暮らせるお金が手に入っても、美容師を辞めることは絶対に無いでしょう。これから先、歳を重ねても続けていたいと願うくらい美容師として過ごす毎日が楽しいんです。
 今年、私は大おばが亡くなった年齢と同じ年齢になりました。今となっては、彼女が店に立ち続けていた理由がとてもよく分かります。頼りにしてくださるお客様をお待たせしたくない、ですからね。

■ PROFILE
1969年、福山市出身。盈進高等学校卒業後、上京し美容専門学校に進学。東京、福山の美容室勤務を経て、1999年、「+TERRA」創業。2009年、西新涯町に全3店舗を統合、現在に至る

■ SHOP DATA
+TERRA(てら)
広島県福山市西新涯町1-14-26
TEL:084-957-7666

関連記事