【プライベートサロン Ravi/髙本 祐未】ー 完全予約制の隠れ家エステ ー 癒しと美肌を手に入れて

INTERVIEWEE
プライベートサロン Ravi(ラヴィ)
オーナー 髙本 祐未 さん(37)

女性限定、完全予約制

 閑静な住宅街で、女性限定の完全予約制。昨年12月にオープンしたRaviは、フェイシャルからボディまでトータルなエステメニューと極上の癒しを提供する、隠れ家的なプライベートサロン。真っ暗に近い調光の中、アロマの穏やかな香りに包まれながら、要望に近づけてくれる。
 ここは、他の来店者と出会うことも滅多にない。というのも、髙本さんが1人で施術することもあって1回に1人ずつ、さらに予約と予約の間の時間をしっかり取るようにしているので。「休憩も必要なのですが、毎回、消毒や換気を徹底するための時間でもあるんです。安心して過ごしていただきたくて」。万全の態勢で迎えてくれる。

学歴も職歴も美容業界一筋

 幼い頃からずっと保育士志望だった髙本さんが、急に美容に目覚めたのは高校3年のときだったとか。方向転換して、美容の専門学校へ進学。大阪の大手サロンを経て福山に戻ってきた。岩盤浴のお店に勤めた後、独立して南手城町でエステサロンを共同経営していた。Raviでは単独経営になり、2歳になった息子の近くに居られるよう移転して自宅サロンにし、あわせてサロン名も変えた。「営業日は子どもを両親にみてもらっていて、近くにいるし安心して仕事に集中できます」。
 ボディは岩盤浴と同じ理論の遠赤ドームで、発汗を促してからがおすすめという。「マラソン30㎞に相当する発汗とも言われます。体の周りに水たまりができる人もおられますよ」と髙本さん自身が驚くことも。オールハンドのリンパマッサージやラジオ波のマシンを組み合わせていく。「整体に行く前にすると体がほぐれていてやりやすいと言われたので習慣にしました、とか施術後にジーパンがスルッと入りました、など喜ばれています」。

また来たい、また会いたいを目標に

 フェイシャルの導入美容液にも力を入れる。ノーベル化学賞受賞で知られる高機能成分フラーレンや同じくペプチドの1つEGFも贅沢に使用する。「吹き出物やアトピーに悩む方にも好評で、肌の中にあるトラブルの元などに働きかけてくれます」。3人姉妹の末っ子として生まれ、姉の1人は膿むほど重いアトピー症状に苦しんだことがあり、この姉が、サロン使用品や基礎化粧品を試してくれる。「“ちょっと顔貸して”って頼むんですよ。すると使用感を教えてくれます」。審査の厳しいフランス産オーガニックを使うコースもあり、コロナ禍で2度3度と値上がりしても、企業努力で料金は据え置いている。「使ってみてよかったので、できるだけリーズナブルにして、知ってもらいたくて」。
 帰り際に、次の予約をしていく人が大半。「お客様がまた来たいと思ってくださるサロンに。また会いたいと思っていただける人間になりたいです」と目標を描く。

INTERVIEWEE DATA
プライベートサロン Ravi(ラヴィ)
福山市坪生町3-7-2
TEL:080-2899-1033

関連記事