【異業種リレーの「わ」No.747 】お客様の一生に寄り添う美容師

INTERVIEW No.747
Montage hair(モンタージュ ヘア)
オーナー・ヘアスタイリスト 森田 裕子さん

北本庄のプライベートサロン

 2016年に独立し、北本庄に「Montage hair」をオープン。店名は、骨格や髪質を見極めながら、メニューや好みに合わせて髪型を作る美容師の仕事が、様々なパーツを組み合わせて作るモンタージュ写真に重なり、命名しました。学生時代のあだ名“モンタ”もかかった、お気に入りの店名です。
 スタッフは私一人、1対1のプライベートサロンです。お子様連れ、車椅子もOKですよ。

厳しさに負けそうな時も

 高校生の時に友人の夢が美容師と聞き、いいなと思ったのが美容師を目指したきっかけです。将来に備えて理容室でアルバイトもしました。無事、大阪の美容学校に合格し、進学。
 当時、国家試験の受験資格に美容学校卒業と通算1年のインターンが必要で、入学と同時に就活も始まり、1年の学生生活はあっという間でした。同級生逹は大阪の大手に進みましたが、私は皆とは違うところに行こうと、奈良県の美容室に入社し、美容師になるための第一歩を踏み出しました。
 ですが、社会人生活は順風満帆とはいかず、先生の「10年後に美容師として残っているのは3分の1」という言葉が胸に刺さるほど、社会の厳しさを痛感しました。私は、言いたい事がうまく言えない性格で一人で多くの仕事を抱えてしまうことや、社会人なのに自立も厳しい勤務条件に悩み職場を変えながら、22歳の時にやっと受験資格のインターン期間1年を満たし、美容師国家試験を受験できたんです。

美容師を続けるための独立

 免許取得後、先輩の紹介で入社した福山市内の美容室は、私を一人前の美容師として独立できるまでの人間力をも育ててくれた場所でした。指名が付くようになって初めて、美容師としてのやりがいを見つけられたような気がします。
 社会に出てからの環境の変化に美容師を続けることすら悩み苦しんだ私ですが、腰を据えて働ける職場で仕事が充実するにつれ、この先ずっと美容師を続けたいという思いも芽生えました。そこで、家庭を持っても自分のペースで働き続けられるように、自由度の高い独立を目標に定め、資金準備や事業計画書から徐々に準備を始め、37歳の時に独立を叶えました。
 お客様は同世代の女性が多く、一緒に年を重ねている間柄です。髪に関する技術はもちろん、まつ毛パーマやエクステ、着付け等の技術は、ずっと来てくれているお客様のことを思って身に付けたもの。結婚式、妊娠や育児、介護で外出困難な時、お子さんの入学、卒業、成人等、どんな時も変わらず、駆けつけお手伝いができる美容師でいたいと勉強しています。独立し寂しさもありますが、やりたいことができて充実しています。お客様が多忙な合間を縫って訪れる美容室でのひと時。「ただいま」と帰宅した時のような、飾らずほっと一息つける美容室でありたいです。

■ PROFILE
1979年生。福山市出身。高校卒業後、大阪府の美容専門学校に進学。2016年、14年間勤めた美容室を退社し、独立。1対1で施術を行うプライベートサロン「Montage hair」オーナー

■ SHOP DATA
Montage hair(モンタージュ ヘア)
福山市北本庄1―1―1
TEL:084―917―2487

関連記事