日本と海外の治療法の違い

Q. 海外では風邪をひいた時、どんな治療をしますか?

A. イギリスなどでは日本と同じような市販薬が売られているようです。しかし医療機関に気軽にアクセスできないので、通常は自分の判断で蜂蜜や水分・ビタミン剤を摂取して治すようです。

Q. 抗生剤を飲んだり、インフルエンザの治療を行ったりすることはあまりないのでしょうか?

A. 受診すると抗生剤や抗インフルエンザ薬などが処方されるようですが、日本の方が圧倒的に処方量が多いようです。

Q. 薬を飲んでもなかなか治らないのですが…

A. 日本人は“病気を治す”事は即ち“お医者さんでもらった薬を真面目に飲む”と考えることが大半です。しかし実際には根本的に病気を治すには自分の自然治癒力が働かないと難しいと考えられます。保険診療は対処療法的なので、病気を治すために何が必要なのか、ご自身で考えないといけない場合もあります。

Q. 海外ではどのようになっているのでしょうか?

A. 例えばアメリカでは自然療法医という国家資格があり、自然療法が受けられます。またハーバード大学などでも代替医療を行う医療施設があり、WHOでも補完・代替医療の分類がなされ、標準治療では補うことができない治療を一緒に受けるような環境が世界中で整えられてきています。

Q. 日本ではどうなっているのでしょうか?

A. 厚労省もアメリカやWHOの方針を基に補完・代替医療の整備を進めていますが、日本の医学部では代替医療を学ぶ事ができないため、大学病院に行っても受診できません。アドバンス・クリニック福山は地域の皆様が安心して治療が受けられる、補完・代替医療専門のクリニックです。癌の治療から風邪がなかなか治らない、慢性的な疲労があるなど、様々な症状に対応しています。

アドバンス・クリニック福山

アドバンス・クリニック福山アドバンス・クリニックフクヤマ

記事一覧

広島県福山市住吉町5-8

関連記事