Vol.109 小臼歯抜歯を伴う舌側矯正治療について

初診時、上下前歯がひどくガタガタしており、前方(唇側)に突出している状態でした。
小さいアゴに対して歯が大きすぎるため、上下左右の小臼歯を4本抜歯して矯正治療を開始する事としました。通常、表側の装置であれば、2年程度で歯がキレイに並ぶのですが、患者様は他人から見える表側の矯正装置に抵抗があり、「見えない矯正装置」を希望されました。
歯の裏側から施術していく舌側矯正治療は、技術的にも、力学的にも表側矯正よりもはるかに難しい治療法です。しかし、最先端の裏側矯正装置STbリンガルブラケットを使用して、アンカースクリューという歯を引っ張る際の強固な固定源を併用する事により、表側装置と同等の治療結果が得られました。

◆治療期間2年、25歳女性

 




ふかつ歯科・矯正歯科

ふかつ歯科・矯正歯科フカツシカ・キョウセイシカ

記事一覧

広島県福山市西深津町5-23-41

関連記事