Vol.117 マウスピース型矯正装置 (アソアライナー)とは?

見えにくい・目立ちにくい歯の矯正治療として、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」があります。これは、歯にはめる透明なマウスピース型装置を何回か形を変えて交換しながら、少しずつ歯を正しい位置に移動させていく治療法です。取り外しはいつでも可能で、目立ちにくく治療していることにも気付かれにくいことから、大変人気があります。
マウスピースにもいろいろな種類がありますが、当院では「アソアライナー」をご用意しています。治療ステージごとに歯型を取って新しいマウスピースに変えるので、他のマウスピースに比べて来院頻度は若干増えますが、その分、最適な形のマウスピースを高性能で作ることができます。また費用を抑えられるのも大きなメリットです。

 アソアライナーの適応症例としては、「奥歯の咬み合わせに問題のない前歯部の歯列不正」や「後戻りの治療」「スペースの閉鎖」などがあげられます。
 現在マウスピースを使った矯正治療は、ほとんどがコンピューター処理で行われます。出来上がってきた装置が本当にその方に合った仕上がりになっているかをきちんと診査して、適切な歯並びになるまでしっかりと対応しますのでご安心ください。
 費用は個人の症状や治療内容などによって異なりますが、30〜40万円ほどです(自費診療)。ほかの矯正装置とのメリット・デメリット、そしてリスクも認識して治療に臨みましょう。

ふかつ歯科・矯正歯科

ふかつ歯科・矯正歯科フカツシカ・キョウセイシカ

記事一覧

広島県福山市西深津町5-23-41

関連記事