【異業種リレーの「わ」No.709 】「柔軟性を武器に頼られる電気設備会社へ」

INTERVIEWEE No.709
ケイテック 株式会社(けいてっくかぶしきがいしゃ)
代表取締役 久米 宣光 さん

〝社長業〟に憧れ

 自分のイニシャル掛けるテクノロジーで社名は「ケイテック」。2013年、私が30歳で開業した電気・空調設備工事の会社です。事業内容は大手ハウスメーカーや地元工務店から受ける電気・空調関係工事が7割、防犯機器設置が2割、残りは住宅・企業の空調機器の取付けやイルミネーション設置のような季節的ニーズなど。防犯機器については、警備保障会社アルソックの旧福山市内を担当しております。現場は備後が中心で、30〜40代の社員3人と私で作業しており、経理は、小3から高1まで4人の子育てに奮闘中の妻に任せています。
 中高時代は、塗装会社の社長でもある友人の父親に可愛がってもらった影響で、漠然と〝社長業〟に憧れていました。商業高校を出て電気工事会社に入り、20歳前に設備会社へ転職。電気、空調、給排水、太陽光など、あらゆる設置工事の知識を吸収しながら、目標を「30歳で独立」に定めました。そして、将来どんな仕事も請け負えるように、20代のうちに電気や建築に関する資格は可能な限り取得しました。
 それでも創業直後の資金繰りはキツかったです。家のローンも組んでいたので貯金なんてありません。福山市の起業支援金などを元手に、仕事を選ばず、がむしゃらに働き、1年後ようやく独立前と同じ収入を得られたときには、ほっとしました。その後も売上げは順調に伸び、今期は目標の年商1億円に挑戦しています。

人付き合いと人育てを大事に

 私は照明プランの作成やコンセントの配置など配線計画を立てて図面を描く作業が得意で、近年は新築住宅の打ち合わせに同行する機会も増えました。と言うのも、現代の住宅には電気配線のプロが欠かせないからです。例えば話題のIoT住宅では、あらゆる家電の操作や防犯対策を、携帯電話などを使った遠隔操作で行うのは当たり前、電気自動車用の配線設備も標準装備です。我々配線の専門職が同行することで施主様の思いと現場とのズレが生じにくく、追加で費用が掛かるケースも無くなるため、安心して頼っていただけます。今後はこうしたニーズが標準化されると予測しています。我々にとっても一生に一度の夢のマイホームに携われることは非常に喜ばしく、施主様のドラマの中に関わらせてもらえること自体もありがたいことなのです。
 嬉しいことに、今期はマンションの配線設計から施工までを一貫して任せてもらえる仕事が初めて入りました。今後の当社をイメージ付ける実績になりそうです。

知恵を絞り、次の一手へ

 直近の課題は人員確保です。資格が必要な専門職ですが、今いる社員に人を育てる経験をしてもらいたいので無資格の未経験者を求めています。後輩を引き上げる力を個々に付けてもらわない限り、組織は強くなれませんからね。起業して7年目の今が一番、人付き合いと人育ての重要さを痛感しています。子どもの頃、憧れた社長は、そこを何よりも大事にしていたなぁと懐かしく思いながら。私自身、これまで多方面から気に掛けてもらい、仕事を紹介してもらえたおかげで、安定した売上げを見込めるようになりました。こうしたつながりを大切に、win─winの関係性を築いています。今後はますます人付き合いに助けられていくのでしょうね。
 コロナの影響で見通しがより不透明な時代になりましたが、私は「選ばなければ仕事はある」と本気で思っています。これまでの経験上、儲けの薄い仕事やハードな仕事など、一見デメリットばかりに思える依頼でも、受けてみたら意外とメリットが待っていたということが多々ありました。こうした理由で、最初からネガティブな印象は持たず、自分の物差しで見極めて仕事を受けるようにしています。これからも当社ならではの柔軟性を武器に、様々な現場に挑み、成長し続けたいと思います。

■ SHOP DATA
ケイテック 株式会社(けいてっくかぶしきがいしゃ)
広島県福山市東川口町2-5-6
TEL:084-994-4367

関連記事