Vol.50 下肢静脈瘤の診察・検査

Q. 下肢静脈瘤があり
  診察を受けたいのですが。

A. 最初に、発症した時期(先天性のものもあります)や、症状などを尋ねます。次に立位で視・触診を行います。静脈瘤の部位や広がり、足の太さや長さ(長さの左右差や母斑を伴う先天性の静脈瘤があります)などを診ます。次に、ムクミ、皮膚炎や熱感の有無、圧痛がないか、瘤や皮膚が硬くないか、などの触診を行います。    
 血栓性静脈炎を起こすと皮膚が発赤して痛みが強く、また、静脈血の鬱滞が長期間続いていると皮膚が硬く厚く(脂肪皮膚硬化症という状態)になったり、色素沈着が生じていることがあります。

Q. どんな検査をするのですか。

A. 静脈の超音波検査(カラードプラ法など)を行うと、静脈の太さや走行・形態などを同時に知ることができます。大腿の付け根(大伏在静脈)や膝裏(小伏在静脈)、下腿等での静脈血の逆流や拡張の部位・程度、深部静脈の状態、などの情報をもとに治療方針が決まります。ゼリーをつけて皮膚の上をなぞるだけなので、検査に伴う痛みはありません。

Q. 他の検査は?

A. 超音波検査では分からない部分を診る必要性が生じたり、ほかの病気がありそうなときは、造影剤を用いて静脈の造影検査を行うこともあります。静脈エコーでほとんどのことが分かるので、最近ではごく稀にしか行いません。他に、特殊なケースでCT検査やMRI検査を行うこともあります。

山本醫院

山本醫院ヤマモトイイン

記事一覧

広島県福山市引野町北2丁目8-28
(定休/木曜日・日曜日・祝日)

関連記事