Vol.132 インプラントと審美補綴治療

審美補綴とは見た目を白く美しい歯にすることを追求した歯科治療です。銀やパラジウムといった金属を使わず、オールセラミックやジルコニアなどのメタルフリーの素材を使って治療をすることで、金属アレルギーや金属イオンの流出による歯肉の黒ずみのリスクをなくすことができます。金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。
従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。
インプラント治療は外科手術をともなうため賛否両論ありましたが、近年やっと一般的な治療法として世間的にも定着してきたように思います。
当院では49人の患者様に、計106本のインプラント治療を施してきました。それを踏まえた私個人の見解として、インプラントは完全に自分の歯として使用できるため、ブリッジや入れ歯とは比較にならないほど、しっかり噛めるようになります。
一般的に言われているリスクを恐れるより、それ以上の価値ある治療法だと確信しております。

ふかつ歯科・矯正歯科

ふかつ歯科・矯正歯科フカツシカ・キョウセイシカ

記事一覧

広島県福山市西深津町5-23-41

関連記事