住宅

ふすまや障子の張り替えは、福山の 「結城産業」に相談を

結城産業の工房は、張り替えを今か今かと待つふすまと障子たちでいっぱいだ。

 

幼い子どもたちの手で、楽しそうに破られた障子。

家の老朽化とともに、思い出のように褪せてしまったふすま。

何回も何回張り替えられた、ちょっと悲しそうなアパートの押し入れの扉。

それらが、職人によって丁寧に丁寧に美しく蘇る。

まじめに丁寧にひたむきに。

2代目の息子が、父親の背中を見て表装技能士1級の資格を取ったのは33歳の時。

福山生まれの福山育ち。実直な性格が技を磨く。

「見えない下処理こそ大切、和室の良さも伝えたい、日本の風土にあう様々なメリットも伝えたい」

修復が必要なものはきちんと手を加え、

見えない「裏打ち紙」や「のり」など材料や素材にもこだわる。

伝統的な建具は、何度でも張替えができる。その都度、新品の仕上がりを楽しめるのだ。

大げさな表現や特売はない。

そこにあるのは、明瞭な価格と信用だ。

目的と予算に応じて決して押し売りはしない。

だから、1枚のふすまでも引き取りに行き、配達もする。

お客さんは、様々な柄や仕様からゆっくりと選ぶことができる。

ふすま、障子の守るべき伝統と今の生活様式にも合う商品の進化に、技と想いをのせて、

今日も一枚一枚丁寧に張り替えていく。

幼い子どもたちの手でも、破れにくくなった強撚紙の障子。

家の老朽化が嘘のように華やかに明るくなったふすま。

下処理に手を加え、価格も抑えられて大家さんも喜んだアパートの押し入れの扉。

職人によって丁寧に丁寧に美しく蘇った。

結城産業

結城産業ユウキサンギョウ

記事一覧

広島県福山市東手城町2-18-16