グルメ

シリーズ④ 僕の仲間と蓮華で忘年会

乾杯~!!

底冷えする12月の土曜日、僕らはお気に入りの中華料理 蓮華にいた。

お客さんは、女子のグループが2組。
楽しそうに盛り上がっている。

僕たちは、4人グループでの忘年会だ。
会社は違うけど、同学年。
そう、ミニ同窓会ってとこかな。

いつもの蓮華は、まるでフレンチのようなしつらえと
一皿ずつの提供で女子の心と舌を確実につかんでくれる、
いわば喜ばせメニューが満載だが
今日は、がっつり大皿料理なので、個人的には僕はニンマリだ。

大きな回転テーブルに料理がどんどん出てきた。
まずは、この春の野原のようなきれいな蒸し鶏からいただこう。

地鶏の薬味ソース。

いやあ、このネギとなんだかわからないピンクの薬味のソース、

うまいっ。

地鶏のしっとりとしたやわらかさと、淡白な風味に
薬味ソースをのせて口に運ぶ。

コクのある地鶏スープがじゅわっと広がる。

4人でも十分な量だったのに
お皿にはもう、薬味しか残っていない。

「おいしいね♪ この薬味だけでもお酒のあてにもなるし!!」

なんて、隣の女子がさっさと、残りの薬味も自分のお皿に入れてしまう。

こいつ、通だな・・。

気を取り直して、次の料理を狙おう。

きたぞきたぞ! 冬といえば牡蠣。

キターーーーーーーーーーッ。

牡蠣の炒め物。

思わず、上品に箸でシェアしようとしたが
思いとどまり、大き目のスプーンで。

今日は、彼女もいないし
同級生に気をつかっていたら、グルメ女子に平らげられてしまう。

蓮華の料理に使われる野菜は、珍しいものばかり。
色もきれいだし、味も食感もメイン素材を生かすのがうれしい。

女子は隣で、
「これ、なんて名前なんですかぁ」なんて聞いてるけど
僕は、ビールのおかわりをしながら、テーブルを回すのに必死なのだ。

牡蠣のうまさに、グビグビとビールをすすめていると・・・

お~。僕の目の前にきた、こいつは穴子だ!!
どーんと一匹、お皿からはみ出さんばかりに鎮座している。

穴子の黒酢ソース。

濃厚な蒲焼は最高だ。
黒酢独特の鼻につく味はまったくしない。

右側の太いところからおよそ4等分であろう部分を切って
一番乗りでお皿に乗せる。

シェアしたり、気を利かせてカットしてくれる女子が
今日はいなくて、ある意味ラッキーだな。

付け合せのブロッコリーみたいな、でもなんとなく違う野菜もとっておく。
同じ失敗は繰り返さない主義なのだ。

蓮華通だと思っていた自分も初めての穴子。

いったいシェフは隠し玉をいくつ持っているんだ!!

次に来たのも魚だ。

そう、大好きな鯛。

鯛の蕪ソース。

口当たりの優しいかぶら蒸し。
鯛との相性は最高。
すりおろされたカブと鯛といろんな種類のきのこが 
これまた最高だ。

中華って、こんなにもソースの味があるんか!っていうくらい
蓮華では、次々と味覚の未開発部分を開拓してくれるのだ。

付け合せのきのこだけでも一品料理になりそうだ。

そして、今日のお肉料理は
お気に入りの豚だ。

どんぐり豚の中国味噌煮。

これの、丸かぶりがたまらない。
スペアリブのような贅沢さ。
味噌っぽさがあまり感じられないところも気に入っている。

どんぐり豚の美味しさを知ったのもここのお店がはじめだ。

女子が、ちょっと遠慮気味に口を大きく開けて食べている。
箸と手でつまんで食べにくそうにしている!

これは、チャンスだ。
どんぐり豚と格闘している間に

僕の最後の大仕事がやってきた。

そう、麻婆豆腐だ。

辛いのが苦手な彼女とはなかなかオーダーできないし
今日のような大皿メニューにもってこいの一皿だ。

自家製のラー油をつかった、辛目の麻婆はお店でも評判らしい。
たっぷりめに、お皿についだ。

残りの三人もそれぞれ山盛りに取り分けている。

僕は夢中で食べた。
大皿にはまだ、一人分はゆうに残っているからだ!

よし!

みんなまだ食べてるし、なにげにテーブルをこっちに回して・・

「ちょっと。今日さ、なんか食べるペース速くない?
久しぶりに会ったのに、M君なんてめっちゃがっついてない?
その、麻婆も狙ってるでしょ~」

くそ、冷静にみてやがる。
さすが元生徒会長だな。

「じゃあ、最後はじゃんけんで ということで!」

おいおい・・・なんで麻婆の残りもんでみんな熱くなる!?

最初はグー
じゃ~んけんぽん!

お~~!!!

勝ったぁああああ。
思わず、ガッツポーズ。
ありがとう神様。

「じゃあ、二次会は、M君のおごりね☆」

って、なんじゃそれ。

でも、最後の麻婆を食べられるなら、いいか♪

割に合わない気持ちより、勝るんだよな。

ふう。おなかもいっぱい。
友と語る時間は若干なかった気もするけど(笑)

僕的には最高の忘年会!

クリスマスに、新年会に・・
これからも、まだまだ開拓できそうだ。

ごちそうさまでした。

中国料理 蓮華

中国料理 蓮華チュウカリョウリ レンカ

記事一覧

広島県福山市霞町1-5-6
17:00〜26:00(定休/不定休)