Vol.152 アンカースクリューとレバーアームを用いた牽引法について

 小臼歯抜歯を伴う矯正治療を成功に導くポイントの一つが、前歯部の牽引法です。
 牽引方法を間違えると悲惨な歯並びになってしまいます。そこで現在、当院で行っている前歯の牽引法をご紹介致します。 
 18歳の男子でシビアな出っ歯を治したいと来院し、上下小臼歯抜歯を伴う矯正治療を開始。
 前歯を牽引する際は、図3のように歯の抵抗中心に考慮し、アンカースクリューからレバーアームにクローズドコイルを引っ掛けて牽引。
 牽引が終了した前歯部は、歯体移動によりオーバージェット、オーバーバイト共に2㎜と理想的な咬合関係になり、審美性と機能性に優れた歯並びとなりました。
 当院における抜歯矯正を伴う前歯部牽引は、傾斜移動ではなく歯体移動で動かす矯正治療を心がけています。

ふかつ歯科・矯正歯科

ふかつ歯科・矯正歯科フカツシカ・キョウセイシカ

記事一覧

広島県福山市西深津町5-23-41

関連記事

新着投稿記事

  1. 【アクサ生命・プレスシード】女性のためのゼロから始めるマネーセミナー

  2. 【学びと体験ぷれこる】まろやかな音色の 「オカリナ教室」or 歴史があり奥深い「リコーダー教室」

  3. 【学びと体験ぷれこる】ワクワク自然体験!美味しい野菜を作って収穫 〜地元野菜のお弁当付き〜