【ネコノテ/後藤 由美子】ー 元看護師が差し伸べるネコノテ ー 代行・同行、見守り、癒しのひと時

INTERVIEWEE
ネコノテ
代表   後藤 由美子 さん(42)

ネコノテができるまで

ネコノテは、元看護師の後藤さんが、「困っている方のつらさや苦しさを少しでも軽くできたら」と考えて、昨年12月に始めた事業で、外出が困難な人の買い物代行や同行、高齢で一人暮らしの人の見守り支援などを行う。

「誰かを支えられる仕事をしたい」と自分探しをしていた後藤さんは、我が子が2歳になったとき一念発起して看護師学校へ。子育てをしながら意思を貫き、卒業後は看護師として精神科やリハビリ科で約9年勤めた。「心だけでなく、肉体だけでもなく、丸ごとサポートが必要なんだと実感しました。業務に追われる中では充分に話を聞いてあげることもできず、私自身も調子を崩し、マイペースで働く必要がある、起業しかない、と考えました」。経験を活かして〝猫の手も借りたい〟人の力になろうと、これまでとは違う一歩を再び踏み出した。

ネコノテが、買い物代行と同行

メインに考えたのは、代行。 自身が体調を崩して外に出られなかった経験もあり、「あったらいいな」を提供しようと考えた。「産前産後や介護に追われている方、心身の病気・障がいなど、年代を問わず必要かなと。あそこのケーキを食べたい、みたいなご要望も受けます。また、抱えておられる思いや愚痴なども訪問時に話して楽になってくださいね」。定期コース以外に、1回2千800円(消費税、交通費含む)で単発の依頼も可能。特にコロナ禍は、感染者や濃厚接者になり外出できないケースも想定し、非接触での受け渡しもできる。車椅子対応の介護福祉車両で、買い物の同行やワクチン接種の付き添いなども依頼できる。

ネコノテが目指すもの

離れて暮らす家族に、血圧の測定結果や健康状態を知らせる見守り支援も喜ばれており、365日訪問してほしいという依頼にも応えている。他に、運動やレクリエーション、散歩を一緒に行う介護予防コースや、オプションで自宅へ美味しいコーヒーを淹れに来てくれる「おうちカフェ」も準備中。

「自分がやれることを勢いと気持ちだけでやっているところもあるのですが、出会えてよかった、一生任せたいと言ってもらえることもあり、支えてくれる人との繋がりも増えました。今が一番幸せです」。ビジネスとしては考えないといけないところもあるのですが、と言いながら「単なる仕事とならないように、それぞれの方の状況を配慮し、ご要望にできるだけ寄り添える、断ることがないオーダーメイドサービスを目指していきます」と充実した笑顔を見せる。「そのためにも、積極的に世界を広げ、いっぱい知識を吸収したいんです。誰かを助けることがあるかもしれない」と、家には次に読む予定の本を積んで、立ち止まることなく準備しているそうだ。一昨年から、NPO法人 日本サポートマーク普及協会理事。

INTERVIEWEE DATA
ネコノテ
福山市伏見町4-33 藤本ビルディング1階
TEL:080-6869-7920

関連記事