がん活性消滅療法って なんですか?

Q. アドバンス・クリニック福山の“がん活性消滅療法”ってなんですか

A. がん活性消滅療法は元東京女子医大でアドバンス・クリニック横浜院長の前田華郎先生が始められた、がんの治療法です。

Q. どんな治療法ですか?

A. マイクロ波を使った温熱治療です。また「がんの活性」を治療のターゲットにしているため、より自然な治癒を目指すことができます。ただし、マイクロ波を使用するため心臓ペースメーカーが入っている方は治療できません。

Q. どれくらいの効果がありますか?

A. 前田先生の著書である「がん治療に苦痛と絶望はいらない」によると、たとえば肺がんの治癒率は50〜71%、大腸がん56〜81%、乳がんは63〜90%となっています。

Q. どんな種類のがんに効果がありますか?

A. マイクロ波を照射する治療法なので、頭から足まで照射することが可能です。ですので、理論的にはどんながんも治療できます。当院にも様々ながんの患者さんが来院されています。

Q. 副作用はありますか?

A. 当院では一人だけごく軽い火傷をされた方がいらっしゃいました。しかし、全体としてはほとんど副作用がなく安全な治療といえます。

アドバンス・クリニック福山

アドバンス・クリニック福山アドバンス・クリニックフクヤマ

記事一覧

広島県福山市住吉町5-8

関連記事