住宅

手造り感のある木造フェンスに囲まれた 『庭処 彩風』

福山市神辺町の住宅街の中に
小さな造園屋さんがある。
手造り感のある木造フェンスに囲まれた
『庭処 彩風』。

四季の風を彩るお庭を造りたい、と想いを込めて
名付けられた。

彩風の庭造りはちょっと変わっている。

それは、できるだけ、既製品に頼らず、
自然の素材を最大限に活かした
ありきたりではないお庭を造っているから。

たとえば、この庭園。
石と木々を組み合わせ、家まで続く道を
ライティングで演出。
あえて統一感がないところが
飽きさせず、おもしろい庭となっている。

そのお庭の前を通ると、
おっ?と一瞬立ち止まってしまうような。

そのお庭の中にいると、
なんとも言えない至福感に包まれるような。

楽しい庭、落ち着ける庭、安らげる庭・・・
それぞれの家の雰囲気と施主の要望に合わせて
どんな庭でも造ってくれる。

そして、年数が経つ度に、
草木の成長や変わりゆく庭の姿が楽しめる。
自然の材料を上手に使っているからこそ、
年数が経っても、不思議と、
古びて汚くなる感じがしないのだ。
だんだんといい味が、出てくる。

その為には、植物に対する、知識と
それらをうまく取り入れる技術が必要。

彩風には一級造園技能士の資格をもつプロがいる。

様々な植物について、
どこに植えたらよく育つのか、
逆に、その立地に適していない植物もたくさんあるそうで、
ひとつひとつ見極め、
一軒一軒異なる土・風・気候・風景に適応する庭を造る。
そうすることで、何十年も楽しめる庭ができる。

代表の久本さんにインタビューさせてもらった。

久本さんをはじめスタッフ全員が大切にしていることは
「プロならではの知識を身につけ、
プロとしての技術を磨き、
プロである自覚をもった上で
プロにしかできない庭案をする」ことだそうだ。

久本さんの目を見ると、その本気度が伝わってくる。

まっすぐで、真剣で、そしてユーモアと思いやりがある。

“職人”って感じの雰囲気。
でも、図面はお洒落でスタイリッシュなものを
しっかりプランニングできるセンスをもっている。
お客様思いの庭師さんなのだ。

彩風では、最初の設計、デザインから打ち合わせ、
プランニング、そして、施工とアフターメンテナンスまで
一貫して自社職人が行う。

だから、施主の要望をしっかり取り入れ、
随所で様々な庭案ができ、
造りながら、よりよい庭になっていく。

これは、かんなべ動物病院の庭の施工。

ペットと飼い主さんが、ふと安らげる、
自然いっぱいのスペースだ。

木で造られた動物もかわいい。

施工した時は、まだ木も細く、
冬だったので葉も少なかったが、
ライティングで、枝の揺らめきが美しく映し出されていた。

それはまるで芸術作品かのように。

季節が変わり、花も咲き、緑が茂った。

最初とはまた違った顔になっている。
植物園みたいに、いろんな草木が踊っている。

まさに、“四季の風を彩る庭”だ。

新築の庭から、洋風、和風、ちょっとした坪庭、
目隠しのフェンスやカーポート、芝生、ウッドデッキなど
小さな工事から大きな庭づくりまで、

“彩風にしかできない オンリーワンの御庭案”
が、ここにはある。

庭処 彩風

庭処 彩風ニワドコロ アヤカゼ

記事一覧

広島県福山市神辺町徳田430-7
8:00~19:00(定休/無休)

広島県福山市神辺町徳田430-7
FAX 084-979-9074
niwadokoro_ayakaze@yahoo.co.jp
【営業時間】8:00~19:00(無休)


記事一覧