ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!矯正専門医です! > No.133 口(くち)ゴボ(上下顎前突)の矯正治療

こんにちは!矯正専門医です!

2021.4.21

No.133 口(くち)ゴボ(上下顎前突)の矯正治療

ショップイメージ

【口ゴボ(上下顎前突)とは?】

 上下の口元が前方に突き出している状態を口ゴボといいます。左下の画像より、横顔はE|ラインから口元が飛び出しているのがわかります。そのため、下あごが後退し、鼻は上向きとなり審美性に良好とはいえません。


【口ゴボの矯正治療】

 口ゴボは矯正治療で治ります。E|ライン改善のため、上下左右の小臼歯を4本抜歯後、矯正器具をつけて、スタートします。2〜3年かけてゆっくりと歯を動かし、理想的な歯並びにもっていきます。


【口ゴボの治療後】

 上下前歯を後退させたことにより、口元の突出感はなくなり、良好なE|ラインとなりました。


◆年齢:25歳女性

◆治療期間:2年2ケ月

◆矯正器具:セラミックブラケット

◆矯正治療費:約70万円



こんにちは!矯正専門医です!

◎この記事を書いたのは

ふかつ歯科・矯正歯科
院長・歯学博士
渡邉 武寛 先生
福山市西深津町5-23-41
TEL:(084)982-5111