ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.378 BALUCA CLOTHING and DESIGN 代表 槇田 烈希 さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2011.10.7

異業種リレーの『わ』No.378 BALUCA CLOTHING and DESIGN 代表 槇田 烈希 さん


今回は、「BOND CAFE」」代表、塚本 竜也さんのご紹介により、「BALUCA(バルーカ) CLOTHING and DESIGN 」(福山市三之丸町4-1 TEL.084-921-0016)代表、槇田 烈希さんに登場願いました。

 

大好きな福山をファッションを通じて
もっと元気にしたい

 

25〜35歳の男女をターゲットに、国内外のブランドを中心にトップス、ボトムス、シューズ、カバン等を展開。今年3月に5周年を迎えたセレクトショップ「バルーカ」の代表にお話を伺いました。

 

…大好きです。福山
 学生の時からファッションに興味があり、洋服が大好きでした。大学生の時に福岡で〝メンズノンノ〟という雑誌のファッションイベントに参加して取材を受ける機会があり、好きな店を聞かれ、福山の店の事を話せたことが誇らしく、なんとも言えず嬉しかったのを覚えています。私は福山が大好きなんです。

 

…やるからには誰にも負けるな
 大学卒業後は住宅の会社に就職、営業マンとして必死で勉強しました。世の中の厳しさや面白さを体感出来た、充実の時期でした。
 入社して3年目を迎え、住宅営業を楽しむと同時に、アパレル業界で自分の力を試してみたいとの強い想いも湧いていました。将来的な展望もビジョンも固まったある日、父に相談したところ「やるからには誰にも負けるな」との言葉で、私の背中を押してくれました。さっそく地元で店舗を展開されているアパレルの会社にご縁を頂き、転職。本格的に勉強すると共に、個人売りでトップを取り、店長になることを目標に新たなスタートを切りました。
 そして2年後店長をやらせて頂きました。ここでの6年で、社長を始め同僚や同業、異業種の先輩たちに教わったのは物の見方、考え方、商売の事、数字の事、失敗談、成功談…。毎日全てが社会勉強の充実した日々を過ごさせてもらえました。

 

…頑張った先にご褒美がある
 独立OPEN時も皆さんには本当にお世話になりました。2006年3月11日に念願の『BALUCA』をOPENしました。最初の1年半位は軌道に乗せるのと店創り、情報収集で休みもとらず夢中の毎日でした。身体はしんどかったですが、今思えば気力だけでやり切りましたね。
 父の言葉『やるからには誰にも負けるな。真っ直ぐ行け』という言葉が日に日に深みを増して行き、今では私の心の応援歌です。大学まで出してもらって自分の好きな仕事をさせてもらえる喜び。改めて、父・母にこの場を借りて感謝ですね。
 年に15〜20回は東京出張に出掛けています。いいですねと言われますが、仕入れと情報収集や視察で毎日ヘトヘトです。昼食は食べられないことが多いですよ。唯一の楽しみは帰りの品川駅で買う駅弁です。東京出張を全力で頑張ればその先にお客様の笑顔が待っています。「こんなの欲しかった」この言葉に会いたくてやってるんですからね。

 

…ワクワク楽しい人生のお手伝い
 もっと若い方にもバルーカを楽しんでもらいたいです。福山の元気の元は20・30代です。毎日輝ける自分であるために、もっともっとファッションを楽しんでもらいたい、ワクワクして欲しい。そんな熱い想いでいつまでも頑張りたいです。

 

異業種リレーの『わ』

◎この記事を書いたのは