ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です! > No.26 痔(じ)について

こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です!

2020.4.22

No.26 痔(じ)について

ショップイメージ

痔で悩んでいますが、診察はどのようにしますか。

最初に、痛みや腫れ、出血などの症状について尋ねます(問診)。

 診察室は、会話などが漏れないようプライバシー保護に配慮しています。また、なるべく恥ずかしさを感じないように、図のように横向きに寝てシーツをかけて行います。まず指で診察します。肛門が狭くないか、痛みが強いか、シコリなどが触れないか、指に血が付くか、などを確認します(肛門・直腸指診)。次に、肛門鏡で、痔が腫れていないか、傷はないか、などの検査を行います。これらの診察には、麻酔のゼリーを付けて行いますので、痛みはほとんど伴いません。力を抜いて、深呼吸しながら受けると良いでしょう。

痔にはどんな病気があるのですか。

いぼ痔(内・外痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう、が痔の三大疾患と呼ばれています。

 〝内痔核〟は、痛みは少なく、排便時に出血(鮮血)したり、大きくなると肛門からいぼが出てきます(脱肛)。外痔核は、特に血栓(血のかたまり)ができると強い痛みがあり、大きく腫れると激しく痛むので応急処置が必要です。

 〝裂肛〟は、排便時に強い痛みがあり、排便後も痛みが続くことがあります。出血量は少なくトイレットペーパーに付く程度です。

 また、肛門の周囲に膿がたまって(肛門周囲膿瘍)腫れてズキズキと痛み、発熱(38~39℃)を伴うことがあり、膿が通る穴ができると〝痔ろう〟になります。

 痔も早期診断、早期治療が大事です。気になる症状があれば、放置しないで医療機関で診察を受けましょう。

こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です!

◎この記事を書いたのは

山本醫院
院長 山本 裕 先生
福山市引野町北2丁目8-28
TEL:084-943-2777