ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > 身の回りはシンプルに、心は豊かに【レイアリッシェ神辺店】

Human Close Up 顔

2019.7.2

身の回りはシンプルに、心は豊かに【レイアリッシェ神辺店】

ショップイメージ


レイアリッシェ神辺店
査定士
三宅 秀典 さん(33)


遺品整理士、査定士のもとで
 「遺品を整理します」という触れ込みで、回収・処分だけを行う業者が全国的にも問題になっている。レイアリッシェは、遺品整理士・遺品査定士の認定を受けた代表のもと、貴重品の仕分け・買取り、重要書類の捜索、遺品の供養を通して、思い出の品を大切にした上で、回収・処分、清掃まで各業者と提携して手掛けている。
 市場的価値のある物として買取り対象となるのは普通、骨董品、ブランド品、時計、貴金属だが、査定士の三宅さんはさらに「当店では海外リユースが可能ですので、中古化粧品・香水、ノーブランドアクセサリーも大丈夫です。買取可能な商品が多いのが特徴です。処分費も抑えられると思いますよ」とすすめる。

 


前向きな生前整理を
 同社では遺品整理とともに前向きな生前整理にも力を入れている。「少子高齢化、核家族化、2025年問題、8050問題…社会構造が問われる今、当社ができることを考えました」。戦中戦後の世代は一般に、物をとても大切にし、ストックが多い傾向があると言われる。「断捨離はなかなか難しいかもしれません。でも、捨てるのではなくリユースと考えませんか? 誰かに有効に使ってもらうことで、自分の身の回りをシンプルにし、そのお金で今を楽しく豊かに生きられるとしたら、どうでしょう」。おいしいランチを食べてもいいし、元気なうちに旅行に行ってもいいと語るそのコンセプトは、〈少しだけでもリッチな気分に〉というギリシャ語の店名にもあてはまるようだ。
 さらに、同社も加盟する(一社)遺品整理士認定協会発行の〈簡単エンディングノート〉を無料配布しており、「仮に直接話す機会が無くても、記入しておけば残される人の負担が減ります」と導く。どこまでがうちの土地? わが家の宝は何? 葬儀には誰を呼ぶ? ペットはどうする? そんな覚え書きとしても活用できる。



大切な思い出に寄り添って
 ブランド品や宝石類が好きで、仕事以外の場面でオークションも経験し、好きが高じてこの業界に入った三宅さん。ブランド品の買取専門店で確かな鑑識眼を養い、今年レイアリッシェに入社した。小中高と柔道に打ち込んだ体力自慢でもあり、現場でもその力を発揮している。「生前整理、遺品整理の分野は初めてですが、処分を依頼された物の中から、リユースできる物を探すのが得意です」と頼もしい。「厳しかった祖母の影響で、整理好き、掃除好きに見えるようなんです」。社内から〝女子力が高い人〟との声も聞こえてくる。「お客様の〝ありがとう〟が何よりの励み。満足していただけたら嬉しいです。これからも思い出に寄り添いながら悩みを解決していきます」と持てる能力を注ぎ込む。



===============
レイアリッシェ神辺店
福山市神辺町新徳田522-1    TEL:0120-228-66 

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは