今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド
ぷれこTOP > イベント > 美術館・展示会 >
★〈オープン・プログラム〉『特別展示 ル・コルビュジエの建築模型』広島市現代美術館(Hiroshima MOCA)
2016/10/25(火)から 2017/3/26(日)
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝休日・8月6日にあたる場合は開館し、その翌平日休館)、年末年始
広島市現代美術館(Hiroshima MOCA) 広島市南区比治山公園1−1
家族 友達仲間 カップル 夫婦 シニア キッズ 一人で
イベント詳細
<オープン・プログラム>
「ル・コルビュジエの建築作品 −近代建築運動への顕著な貢献− 」が2016年7月にイスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会において、世界遺産一覧表に登録されることが決定されました。7カ国17作品の構成遺産の中には日本の国立西洋美術館も含まれ、大きな話題になりました。

広島市現代美術館は、ル・コルビュジエの建築模型20点を資料として所蔵しています。それらは元々、広島市現代美術館の建物を設計した黒川紀章氏の呼びかけにより全国の大学の建築学科が連携し、多くの学生たちの手によって制作されたものです。そのうち世界遺産にも登録された3作品《ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸》《ロンシャンの礼拝堂》《ラ・トゥーレットの修道院》の建築模型を、このたび特別展示としてご紹介します。
黒川氏はル・コルビュジエから受けた影響を度々語っています。その黒川氏が手がけたこの建築空間の中で、近代建築の始祖とうたわれるル・コルビュジエの建築思想と向き合う体験は、数多くの発見をもたらしてくれるにちがいありません。

ル・コルビュジエ(1887-1965)/
スイスで生まれ、フランスで活躍した建築家。モダニズム建築の礎を築いた20 世紀を代表する建築家であり「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる。実践に理論を並行させ、鉄筋コンクリートを活用した建築理論「ドミノ・システム」、高密現代都市の理想的環境を構想した「輝く都市」、身体に合う建築寸法の黄金比「モデュロール」、新しく自由な建築のための要点「近代建築の五原則」などを発表し、世界に多大な影響を与えた。また、世界中の様々な都市の計画・構想に関わった。
開催場所

大きな地図で見る イベント詳細
イベント名 ★〈オープン・プログラム〉『特別展示 ル・コルビュジエの建築模型』広島市現代美術館(Hiroshima MOCA)
開催場所・住所

広島市現代美術館(Hiroshima MOCA)
広島市南区比治山公園1−1

開催期間 2016年10月25日(火) から 2017年3月26日(日)
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝休日・8月6日にあたる場合は開館し、その翌平日休館)、年末年始
開催時間

開館時間:10:00〜17:00(入場は閉館30分前まで) 

料金 【観覧料】 一般370(280)円、大学生270(210)円、高校生・65歳以上170(130)円、中学生以下 無料 ※( )内は30名以上の団体料金 

詳細

広島市現代美術館(Hiroshima MOCA)

詳しくはこちら

※消費税の改定に伴い、掲載されている費用などの料金に変更がある場合がございます。必ず主催ホームページなどでご確認の上、ご利用ください。※ぷれこイベントガイドの情報は、一般に広くネット上で公開されているものを掲載してあります。事前予約が必要なイベント等もございます。ご利用は、利用者ご自身の責任において行ってください! イベントのご利用により万一何らかの損害(直接的・間接的含む)が発生したとしても、ぷれこは一切責任を負いかねます! また、本サイトからリンクされている第三者のウェブサイトの内容の保証はできません
※掲載イベントは変更などの場合もありますので、お出かけの際は必ず主催者にご確認の上、お出かけ下さい!

今日明日の福山のイベント情報を見る
福山イベント検索
ジャンル
料金予算
誰と行く?
いつ?
または  
 
イベント情報
サンプル 府中市 福山市西部 福山市中心部 福山市南部 神辺・福山市北部 福山市東部 携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告