今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド

魅惑の映画音楽を楽しもう

魅惑の映画音楽を楽しもう
今月のこの映画、この曲 第19章
by Garbo -ガルボ- 2011.10.5

 抜けるような青い空。朝晩は空気も冷たくすっかり秋になりましたね。感傷的な気分になったりしませんか?前回に続き永遠のラブロマンスをどうぞ。
 『めぐり逢い』は1957年に監督のレオ・マッケリーが自作の39年版をリメイクしたものです。94年にもリメイクされていて、恋愛映画のお手本となっています。「旅での一目惚れ」、「意気投合」、「一度は離れ離れになるけれど再会の約束」、「約束の日にアクシデントですれ違い」「その後紆余曲折を経てハッピーエンド」主演はケーリー・グラントとデボラ・カー。洗練された美男美女のコンビです。グラント演じるニッキーは名うてのプレイボーイで、ゴシップ誌に数々の恋愛談を提供していましたがついに婚約したとの報道。その彼が船旅で出会ったのが、クールな美女テリー(カー)。意気投合した二人は、寄港地でニッキーの祖母に会います。ひとときの再会を喜び、『思い出の恋』 をピアノで弾く祖母の姿に、すべての人に必ずやってくる別れを思って泣けてしまいます。一目見てテリーの人柄を見抜いた祖母は、自分のショールをいつか(形見に)プレゼントすると言います。
 二人はお互いが無くてはならない存在だと悟り、二人ともそれぞれに婚約者がいるため、半年後に身辺を整えて再会することを約束して、ニューヨークで別れます。家庭を持つためにニッキーは絵を描き、テリーは歌手としてステージに立ち『思い出の恋』を歌います。そして半年後約束通りエンパイアステートビルの展望台に・・・・躍る心で向かうテリーは交通事故に遭い、知らせるすべも無くニッキーを待ちぼうけさせてしまいます。テリーを待ち続けるも、閉館の時間になり振られたと諦めるニッキー。
 監督のマッケリーは喜劇作品で成功した人ですが、ビング・クロスビー主演で不朽の名作となった『我が道を行く』など一貫して人々の持つ善を表現しました。二人の元婚約者は婚約を破棄され、いわば裏切られたのですが、愛を注ぐ気持ちは少しも変わらず、事故で車椅子生活になったテリーを温かく見守ります。ニッキーの相手も何かと心配してくれます。また必ず腕白な子供たちとの温かい触れ合いがあります。ここではテリーが音楽を教える生徒として。観客も自然と温かい気持ちになれるのです。すれ違い、傷心、そして再会の日が訪れました。画家として成功した彼は祖母が亡くなりいつかのショールを彼女に渡す責任がありました。彼女の家を訪れ、「ショールを着た彼女を描いたけれど、足の不自由な女性が画廊に来て欲しがったので、上げた」と言います。彼女は足が不自由な事は決して見せません。椅子に座り毛布をかけて隠しています。さよならと帰りかけたその時!別の部屋に掛けてあるその絵を彼は見つけ、全てを悟ります。「どうして君がこんな目に!」「私がいけないの!あなたに会いたくて上ばかり見ていたから・・・」二人の間の氷が溶けたのは言うまでもありません。名曲「思い出の恋」はガルボの演奏でお聴きいただけます。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
Garbo(ガルボ)
 Viola(ヴィオラ)とPiano(ピアノ)のデュオ。2005年より「魅惑の映画音楽」シリーズのコンサートを企画、開催中。気軽に映画音楽に親しんで頂きたいとの思いから低料金の入場料でコンサートを行っている。  映画の話はキネマ旬報社「映画検定」2級の長沼靖子が担当。映画検定2級は映画監督や映画の専門職でも保持者は少ない難関の検定。長年培ってきた映画に対する知識を総動員し、書物でも本格的に調べているトークは定評がある。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告