今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド

魅惑の映画音楽を楽しもう

魅惑の映画音楽を楽しもう
今月のこの映画、この曲 第17章
by Garbo -ガルボ- 2011.8.3

 台風に大雨…このところ自然災害が甚だしいですね。
 地球の悲鳴のようにも思えるのですが、人類も一度得てしまった便利さを手放すのは簡単ではありません。
 今回はテレビシリーズの金字塔『刑事コロンボ』です。アメリカNBCのミステリーシリーズのひとつで1968年にぽつんと1本放送されて、71年に大好評を得たパイロット版に続きシリーズ化されました。1本1本どれをとっても劇場映画に負けない豪華キャストと品質で、世界中で好評を博し、スペインでは劇場公開もされたほどの名作です。主人公はもちろん季節感のないヨレヨレのコートに、櫛をあてた形跡のないぐしゃぐしゃ頭、猫背で、風采の上がらぬコロンボ氏です。外見はこのように冴えない中年男性なのですが、いざ殺人事件となるとどんな迷宮入りしそうな事件でも、恐ろしくするどい頭脳とすっぽんのように執拗な性格で、解決してしまうのです。実はこのコロンボ氏、運動能力もずば抜けていて、ゴルフもビリヤードも、的当てもたいした腕前なのです。散文詩もすぐに吟じ、IQの高い天才クラブの出す謎解きも得意。言わばスーパーマンですね。子どもにも動物にも好かれ、人懐っこい瞳で犯人以外の誰もが愛してしまう、そんな人です。
 このドラマではそれぞれが主演映画を1本ずつ撮れそうな豪華なスターが犯人役で出てきます。先ずドラマの冒頭で殺人事件が起き、私たち視聴者は現場に立ち会うことになります。犯人の顔もしっかり観察します。事件の起こる場所はほとんど高級住宅地か高級車といった特権階級のいるところで、コロンボに目星を付けられた犯人も権力者が多く、コロンボは捜査を妨害されたり、恫喝されたりもします(上司に掛け合って配置転換してやるぞ、等)。しかし例によってひょうひょうとしたコロンボ氏は、いかにも「あなたには、かないませんよ。」という振りをしながらどんどん核心に近づいて行きます。このあたりの面白さは、ヨボヨボしたご老公が、いきなり印籠を出してあっという間に形勢を逆転する『水戸黄門』の気持ちよさと通じるのではないでしょうか。デコボコで、埃まみれのオンボロの外車(プジョー403、名車です!)に乗り、ボーッとした表情の愛犬(バセットハウンドですので、顔つきは生まれつきですが・・)を連れ、本人も風采が上がらぬ、いかにも平凡そうな男が実は名刑事だなんて!犯人もいつもそれに油断してつい気を許したのが運の尽きですね。
 さて音楽は本編のBGMも含めて複数の作曲家が一話ごとに担当していました。どれも作品にあった素晴らしい出来栄えです。でも日本では『刑事コロンボのテーマ』と言えばこれです!あのヘンリー・マンシーニ作曲の高音の口笛で始まるこれ!この曲はNBCミステリーシリーズ全体のテーマ音楽でしたが、NHKがコロンボを放送するときにこの曲をテーマ曲として流したため、『刑事コロンボのテーマ』として定着しました。この曲はガルボの演奏でもお聴きいただけます。QRコードをお試しください。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
Garbo(ガルボ)
 Viola(ヴィオラ)とPiano(ピアノ)のデュオ。2005年より「魅惑の映画音楽」シリーズのコンサートを企画、開催中。気軽に映画音楽に親しんで頂きたいとの思いから低料金の入場料でコンサートを行っている。  映画の話はキネマ旬報社「映画検定」2級の長沼靖子が担当。映画検定2級は映画監督や映画の専門職でも保持者は少ない難関の検定。長年培ってきた映画に対する知識を総動員し、書物でも本格的に調べているトークは定評がある。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告