ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.692 コム立石 御幸店 代表取締役 立石 道宏さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2020.7.8

異業種リレーの「わ」No.692 コム立石 御幸店 代表取締役 立石 道宏さん

今回は、「片山建設株式会社」代表 片山雄一朗さんのご紹介により、「コム立石 御幸店(福山市御幸町森脇160  TEL:084-955-4844)」代表取締役、立石 道宏さんに登場願いました。

 

時代の流れにお客様を自然に乗せる電気屋

 

…豊かな暮らしを応援
 パナソニック系列の「街のでんきやさん」として御幸町に店を構えて42年、府中市にある本店は今年で51年目になり、社員は役員3人を合わせて16人います。父が創業した当初より、家電製品を通して、お客様の豊かな暮らしを応援するサービスを考え、提供して参りました。目指したのは「生活総合提案企業」です。家電の機能をお客様に噛み砕いて説明した上で潜在ニーズを汲み取った提案を志し、暮らしのお困りごと全般の解決策をワンストップで届ける体制を築きました。IHやエコキュートの提案に施工、トイレ・バスの設計施工、床補修や建具修理といったリフォームのほか、空調・電気工事なども承わっており、信頼できる企業とのコラボも積極的に行なっています。

 私自身は電気工事士やファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、太陽光発電システム施工認定士、エネルギーマネジメントアドバイザーの資格を取り、専門的な対応もしています。また、地元企業との連携イベントにも携わり、地域の人との関係づくりを大切に、超地域密着型サポートの実現を心掛けてきました。他にも創業50周年の節目には、店内にオープンキッチンを置き、ここで時短料理教室を開いて、オール電化の便利さと最新調理器の使い心地を体験してもらっています。


…ITに強い電気屋に

 父が体調を崩し、家業の立石電器産業株式会社に入社したのが2011年。東京のIT企業で営業部長としてコンサルタント業務に長く携わっていた私は、住み慣れた都会を離れるのも、年収が下がるのも受け入れ難く、悩みに悩みました。けれど、パナソニックショップとして県内トップ級の評価を何十年も保ち続けた父の努力を、ここで終わらせたくありませんでした。仮に父が健康だったとしても、加速する家電のAI化には対応しきれないとわかっていたので、私が弊社を維持、発展させていこうと決めました。

 入社後、まずホームページをつくって父が手広く展開してきた事業を明確化し、そこにWi─Fi設定やLAN環境の構築、企業のIT化のバックアップ、助成金申請のサポートなど、私の得意分野を加えました。2017年に正式に後を継いでからは、家電でIoT化した「スマートハウス」を店内で体験できるようにしました。音声で家電を操作したり、省エネを実感したりできるので、お客様にこちらの思いが伝わりやすくなりました。

 幅広い世代の方と話す中で、私自身、再認識したことがあります。IT企業では、これまでになかった「一歩先」の未来を見据え、時代をリードする提案をしてきましたが、電気屋としてお客様をリードするには、「半歩先」を見据えるくらいがちょうどいいですね。一般の方がテクノロジーを追いかけるのはしんどいですから、時代の流れに誰もが楽に乗れるサービスを提供し続けたいと思います。


…当たり前のことでも丁寧に

 新型コロナウイルスの影響で、ここ数ケ月はテレワークやリモート会議ができる環境づくり、テレビのインターネット接続など、自宅を快適にするサービスが好調で、「時短」を叶える家電が人気です。また、社会的距離を保つ目的で、リモートで営業する場面も増えました。

 リモートは便利で手軽なものですが、お客様側に不安を与えては意味がないと思います。それに、やはり直接会って話すほうがお客様の決断スピードは速い。ですから、ウィズコロナでも、アフターコロナでも、我々がすべき仕事は変わりません。環境や時流を考え、お客様のニーズに合わせて、当たり前のことでも一つひとつ丁寧に対応していくだけです。これからも全社員で同じ方向を見つめ、「買ってください」ではなく、「こんなに良いことがありますよ」を伝えていきたいです。

異業種リレーの『わ』

◎この記事を書いたのは