ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!矯正専門医です! > No.119 アンカースクリューを用いた 臼歯部シザースバイトの矯正治療
こんにちは!矯正専門医です!

特集・読み物


2020.2.6

No.119 アンカースクリューを用いた 臼歯部シザースバイトの矯正治療

 シザースバイト(別名:はさみ状咬合)とは、上の奥歯が外側、下の奥歯が内側にズレているため、奥歯で咬んだときに、上下の奥歯がしっかり噛み合わない症状のことを言います。
 この症状になると、上の歯の内側に下の歯の外側がハサミのように接触するため、食べ物が咬みにくくなります。また治療の観点から見ても、シザーバイトは強い矯正力を加えても動きにくく、最も治しづらい咬合です。
 しかし難症例とも呼ばれるシザースバイト治療を取り巻く環境は【アンカースクリュー】という治療方法が生まれてから大きく変わりました。

 アンカースクリューは動かしたい歯だけを動かす画期的な治療方法で、これにより確実かつ短期間に矯正治療を終えることが可能となったのです。
 当院でもアンカースクリューを応用することで、シザースバイトの治療を短期間で痛みも少なく終わらせることが可能になりました。シザースバイトに気付いたら放置せず、矯正歯科医に相談し必要な処置を受けることをお勧めします。
 また、可能であれば顎の骨の柔らかい成長期や若年層の段階での早期の治療を行いましょう。

こんにちは!矯正専門医です!

◎この記事を書いたのは

ふかつ歯科・矯正歯科
院長・歯学博士
渡邉 武寛 先生
福山市西深津町5-23-41
TEL:(084)982-5111