ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは、女性医師のいる内科 みやざわ内科です > Vol.2 嘔吐について
こんにちは、女性医師のいる内科 みやざわ内科です

特集・読み物


2020.2.6

Vol.2 嘔吐について

昨夜、2歳の子どもが布団で2回ほど嘔吐しました。お腹が痛いと言って泣きながら吐き、しばらくすると「もうお腹痛くない」と言っていたので様子をみました。シーツに吐いたものを拭き取り、とりあえず市販の除菌スプレーをして朝、洗濯をして干しました。その後、私も同じような症状が出ていますが、うつったのでしょうか?



普通の胃腸風邪(流行性胃腸炎)なら、洗濯をして天日干しすることで原因ウイルスは死滅します。しかし、ノロウイルスやロタウイルスが原因の場合は、洗濯や天日干しでは死滅しませんし、アルコールでも死滅しません。この場合、次亜塩素酸ナトリウム、または高温での除菌(85℃以上のお湯で1分以上加熱)が可能です。

 感染症胃腸炎は吐き気や嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れます。この際、特に注意しなければいけないのが脱水症状です。下痢や嘔吐による水分喪失に加え、飲水ができず脱水症状を起こします。

 しかし、感染性胃腸炎だけでなく、腹痛や下痢を伴う病気には大腸憩室炎や胆石症など他の病気がひそんでいることもありますので、自己判断せず早めに医療機関を受診することをおすすめします。

こんにちは、女性医師のいる内科 みやざわ内科です

◎この記事を書いたのは

みやざわ内科
院長
宮澤 真里 先生
福山市南蔵王町4丁目12-24
TEL:(084)999-6002