ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!さとう歯科です。 > 口内炎の原因と、電動歯ブラシの使用について
こんにちは!さとう歯科です。

特集・読み物


2019.11.23

口内炎の原因と、電動歯ブラシの使用について


子どもの口内炎が、何度も同じ場所にできます。歯並びが原因でしょうか?もし、歯並びではなく、歯磨きが上手くできていないのが原因なら、電動歯ブラシを使わせてもいいのでしょうか?【30歳 女性】


 口内炎ができたことがある方は多いと思います。触るととても痛くて、食欲もなくなりますよね。

 口内炎の原因はさまざまです。
①ストレスや栄養(ビタミン)不足などによる免疫力低下
②口の中を噛んでしまうなどの物理的刺激
③ウイルスなどによる感染
が考えられるほか、原因不明の場合もありますし、いくつかの要因が重なってできることも多いです。

 今回は、子どもの口内炎で、同じ場所にできるということなので、右記の②が原因かと思われます。
 口内炎付近の歯が虫歯になっていたり、欠けていたり、歯が尖っていたりしないでしょうか。また、食事(栄養)が偏っていないでしょうか?

 口内炎と電動歯ブラシの関係についてですが、子どもは歯ブラシを細かく上手に動かすことができないことが多いので、歯ブラシで歯茎や、ほっぺを傷つけて口内炎になることも考えられます。そういったことから、電動歯ブラシを使用するのは、いいことだと思います。

 電動歯ブラシは、歯に当てるだけでプラークを除去できるので、まだ器用でない子どもには向いていると思います。

 最近では、子ども用の電動歯ブラシも多くあり、ゲーム感覚で楽しく歯磨きができる、スマートフォンやタブレットのアプリもあります。歯磨きが嫌いな子どもも、楽しく歯磨きできると思います。機会があれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


こんにちは!さとう歯科です。

◎この記事を書いたのは

一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科
さとう歯科クリニック
TEL:084-931-7960