ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.666 イシケン 株式会社 代表取締役 石川 倫之さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2019.10.9

異業種リレーの「わ」No.666 イシケン 株式会社 代表取締役 石川 倫之さん

今回は、株式会社 豊田工業所の代表取締役、豊田 克浩さんご紹介により、「イシケン 株式会社(福山市駅家町上山守244 TEL:084-976-1145 )」代表取締役、石川 倫之さんに登場願いました。

 

技術力と開発力で悩みを解決するものづくりを

 

…創業70余年の老舗寝具メーカー
 弊社は1946年、祖父が寝具の開発・製造会社「石川絹綿」として創業し、57年に現在の社名に変更。長年、地方問屋への自社商品の卸販売が主でしたが、現在はネットショップとの取引が増え、自社ブランドや他者ブランドの寝具の製造に加え、木工会社からソファー用中材の受注なども増えています。今年度に限って言えば、東京五輪を間近に控えているため、ホテル向けの寝具の受注が多かったです。

 強みは、寝具業界としては珍しい一貫生産体制と、1枚から別注対応できる柔軟性。これを生かし、変化し続ける顧客ニーズに対応して参りました。私が入社して10年目の99年には、良質の寝具を正しい情報とともに地元の方に届けたくて、敷地内の事務所を改装し製造直販店ふとん工房を始めました。ここでは独自商品の販売や羽毛布団の仕立て替え、昨夏から始めた布団のレンタルなどもしています。

 創業以来、様々な商品を開発。今では普通に販売されている、こたつ敷布団や涼感寝具なども、他社に先駆けて販売してきました。10年以上前にテレビで紹介され大ヒットした商品を、現在も愛用してくださっている方から、再度注文を頂いたり、お礼の手紙が届いたりしたときは、弊社の商品がお客様の役に立っているのだと実感できて励みになります。


…高機能の人工羽毛を開発

 大手繊維会社クラボウと共同して、羽毛の形状と特性をポリエステルで再現した新素材「エアーフレイク®」も開発しました。弊社専務である弟が発案した2003年から、10年以上を掛けて実用化に漕ぎつけました。誕生の背景には、鳥インフルエンザで羽毛の安定確保が難しくなったという環境の変化や、寝具を清潔に使いたいという日本人独特のニーズの高まりがありました。

 これを使った布団は羽毛を上回る保温性がありながら蒸れにくく、家庭の洗濯機で丸洗いできる上、乾くのも速くて無臭。埃も出にくく安心です。この特性が信頼され、エアーフレイク®のベビー布団は、子育て世代の目線を持つ良質な商品として経産省などが推進するキッズデザイン賞を受賞。一般サイズは福山市のふるさと納税の返礼品に選ばれており、さらに今年は、素材自体が福山ブランドの認定を受けました。



…求められ喜んでいただくために

 エアーフレイク®の有用性を高めるため、現在、アウトドアや防災の視点からの商品開発を進めていますが、市場に出すときはクラウドファンディングを活用したいと思っています。我々が作ってみたいものへの反響をダイレクトに確認できるだけでなく、想像以上のニーズも把握できるので、より良い商品を提供することに繋がります。ものづくりは自己利益だけでは成り立ちません。顧客や消費者の悩みを解決できる商品を生み出すことが、弊社の存在意義だと思うのです。

 我々は福山という地域に拠点を置きながら、そのときに最良と思える方法を選び、ただただ誠実にものづくりに打ち込んできました。近年、自社商品が外部から認めていただけるようになったのは、わずか9人という少数ながら精鋭ともいえる従業員の力に依るところが大きいです。

 今後もニーズや社会環境は変化し続けるでしょう。しかし、長年培ってきた技術とノウハウを礎に、多角的に戦略を練り、新商品や廉価版に淘汰されない商品を提供し続けていきたいです。そして将来は、デニムのような地元に関連したアイテムと絡めた商品開発をすることで、故郷を盛り上げる役目も担っていけたらと願っています。


異業種リレーの『わ』

◎この記事を書いたのは