ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜 > 秋のお彼岸〜家族で、ご先祖様に手を合わせましょう〜
暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

特集・読み物


2019.9.14

秋のお彼岸〜家族で、ご先祖様に手を合わせましょう〜



秋のお彼岸は、秋分の日とその前後3日ずつ、合計7日間の期間のことをいいます。
今年は【彼岸入り:9月20日(金)】【お中日:9月23日(月・祝/秋分の日)】【彼岸明け:9月26日(木)】です。


お彼岸とは
 昔から「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、季節の変わる『春分の日』『秋分の日』の前後合わせて7日間を彼岸と言い、年に2回あります。

 仏教では、私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」、ご先祖様のいる世界を「彼岸(ひがん)」と言います。「此岸」は東、「彼岸」は西に位置するとされており、太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日と秋分の日は、彼岸と此岸が一番通じやすい日と言われ、この時期にご先祖様を供養します。


「お彼岸」と「お盆」の違い
 お墓参りをするのは一緒ですが、お盆の意味合いは「あの世(彼岸)から、ご先祖様をこの世(此岸)へお迎えする、先祖供養の日」です。お彼岸は「この世が彼岸へ近づく日なので、お墓参りを通じてご先祖様と今生きている家族を敬う日」とされています。お盆とは違い、生きている家族の事を話し合ういい機会かもしれませんね。


お墓参りとお仏壇
 お彼岸は、家族揃ってお墓参りをしましょう。お墓参りに特別な作法はありませんが、一例を紹介しますので参考にしてみてください。

 まずは、手を洗い清めてお墓に一礼、枯れた花や線香の燃えかすを綺麗に掃除したら、花や線香をお供えします。最後に墓石の上から水を流し合掌礼拝します。

 また、家庭でも仏壇を掃除し、花や、ぼたもち、おはぎ等をお供えし、ご先祖様の供養をします。用意するものとして、お線香、ライター(マッチ)、お花、お供え物、他に墓地を掃除するスポンジなどが必要です。
 当社で一通り揃えることもできるので、お墓参りの直前に相談してくださいね。


暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

◎この記事を書いたのは

株式会社 森山仏商
森山 信弘さん
TEL:0120-119420
福山市神辺町平野368