ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜 > お盆の準備はお済みですか〜お盆は家族でご先祖様をお迎えしよう〜
暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

特集・読み物


2019.7.13

お盆の準備はお済みですか〜お盆は家族でご先祖様をお迎えしよう〜



お盆は、浄土にいるご先祖様が地上に帰ってくる期間と言われています。
きちんと準備をしてお盆を迎え、ご先祖様に気持ちよく過ごしていただきましょう
(宗派によって不要なものもあります。不明な場合、お寺に確認しましょう)。


 一般的に、お盆とは8月13日の「盆の入り」、14・15日「中日」、16日の「盆明け」です。8月に行われるのは月遅れ盆と言われており、旧暦や新暦の暦にあわせ7月をお盆としている地域もあります。

 お盆には、ご先祖様が家に帰ってくるといわれますが、四十九日を終えて初めて迎えるお盆は初盆または新盆といわれ、特別な飾りでお迎えします。飾り付けも、宗派や地域によってまちまちですが、

・精霊棚または盆棚を用意する

・お墓や仏壇をきれいにしてお供物やお飾りをする

・迎え火を焚いて霊魂を迎える

・精霊棚に欠かさずお供物をおく

・送り火を焚いて霊魂を送る


などが挙げられます。

 最近では、盆飾り一式がセットになったものや現代の暮らしにあわせてコンパクトになったものもあります。よくわからない場合は、お寺に聞いてみるとよいでしょう。下に、お盆を迎えるにあたり、スケジュールをまとめました。頼んでおかなければならないもの、準備しなければならないものは早めにとりかかりましょう。

 とはいえ、最も大切なことは、ご先祖様をご供養する気持ちです。お盆の時期は、家族で御仏前に集まり、ご先祖様に手を合わせ、お墓にお参りしてご先祖様をご供養しましょう。


 お盆のスケジュール例 
〈7月〉
【中旬】
お寺に卒塔婆、棚経をお願いする

【下旬】
お盆の準備
・盆棚の注文、不足している仏具の注文
・初盆にお参りに来てくださる方へのお礼、お返し品の注文
・家紋入提灯、白提灯など新盆用品の注文

〈8月〉
【1日〜5日】
お盆の準備
・盆棚の組立て、飾り付け
・盆提灯の組立て・飾り付け
・お墓の草刈、清掃

【12日】 
お迎えの準備
・お花、お供物、仏具、ろうそく、お線香 などを揃える

【13日】
迎え日(午前) 
・故人の位牌を仏壇から盆棚に移す
・盆棚に、仏具、ご霊膳、百味五果の お供物、水の子、生花、香、ナスと きゅうりの牛馬などをお供え
・お墓参り

迎え火(夕方)
・お墓や門口にて【迎え火】を焚く

【14日・15日】
お盆中日
・朝夕、水の子、ご霊膳などのご馳走 を作りお供え

【16日】
送り日
・朝、ご馳走を作りお供え
・【送り火】を焚いて御魂を送る

【17日】 
後かたづけ

お盆に使用した道具、お供物で処分したくてもできない道具はお寺などに相談して処分するのも良い方法でしょう。



暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

◎この記事を書いたのは

株式会社 森山仏商
森山 信弘さん
TEL:0120-119420
福山市神辺町平野368