ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 教えて先生!〜代替医療について〜 > No.10 高濃度ビタミンC点滴で 治る病気はなんですか?
教えて先生!〜代替医療について〜

特集・読み物


2019.7.3

No.10 高濃度ビタミンC点滴で 治る病気はなんですか?

点滴で風邪は治りますか?

風邪はウイルス感染で発症するといわれていますが、高濃度ビタミンC点滴で様々なウイルスに効果が出たという報告があります。古くはポリオに高濃度ビタミンC点滴を行った場合、後遺症である麻痺が出現しなかったという報告が出ています。

 その他、ヘルペス、帯状疱疹、豚インフルエンザ、エイズ、百日咳、シュードモナス感染、ブドウ球菌感染、レンサ球菌感染などに効果があるといわれています。風邪症状の時にも高濃度ビタミンC点滴はきっと効果が出ると思います。



高血圧は治りますか?

ビタミンCの欠乏によって高血圧が悪化したり、ビタミンCの過剰摂取で血圧が下がったりすることは以前から知られています。また動脈のコンディションを保つにもビタミンCが必要になってきますので、高血圧の方にも高濃度ビタミンCはおすすめです。



糖尿病はどうでしょう?

ビタミンCはインシュリンの合成や分泌などに関わっています。また糖尿病になるとビタミンCの血中濃度が低下し、心臓病のリスクも上昇します。糖尿病の状態を改善し、合併症を予防するためにも高濃度ビタミンC点滴をする価値は十分にあると思います。


癌に対しては?

腎細胞がんやリンパ腫で高濃度ビタミンC点滴療法の効果が出たという報告が出ています。またメキシコにあるオアシス・オブ・ホープ病院の報告では、高濃度ビタミンC点滴療法に加えて食事療法や心理カウンセリングなどを併用した場合、通常の癌治療よりも素晴らしく良い結果になっています。副作用もなく様々な方にお勧めできる治療法です。


教えて先生!〜代替医療について〜

◎この記事を書いたのは

アドバンス・クリニック福山
院長
瀬尾 宜嗣 先生
福山市住吉町5-8
TEL:(084)999-2251