ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 津之郷学区ニュース > 看板を作ったらホンモノがやってきた!
津之郷学区ニュース

特集・読み物


2019.5.15

看板を作ったらホンモノがやってきた!

 交通安全啓発看板がすっかりおなじみとなった福山西交通安全協会津之郷支部。

 このほど、髙橋稔明支部長が、広島県警察の反射材活用促進キャラクターの「キラリ☆マン」を描いたところ、町内に設置した5月8日に、〝ホンモノ〟がやって来た。


 キラリ☆マンは、夜間に歩行者や自転車が反射材を付けることで、交通事故から身を守ろうと啓発する役目を担う。正義のヒーローのような見た目が斬新で、設置場所のすぐ近くにある福山市立津之郷保育所の園児も大喜び。キラリ☆マンと握手をしていた。

 看板は、春の交通安全運動(5月11日〜20日)にあわせた啓発で、プラスチック製90㎝×120㎝が2枚。キラリ☆ウーマンや、広島県交通安全協会キャラクターのヒコアくんも描かれている。

 髙橋支部長は「子どもたちにも交通安全の思いが伝われば」と目を細めて見守っていた。設置期間はおよそ1ヶ月の予定。同支部の看板は2006年7月に始まり、第62弾。


学区別ニュース トップページは こちら から

津之郷学区ニュースページは こちら から

津之郷学区ニュース

◎この記事を書いたのは




ビューティーサロン2019