ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの「わ」No.647 天然石st-age-one 代表 岡村 健太郎さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2019.3.28

異業種リレーの「わ」No.647 天然石st-age-one 代表 岡村 健太郎さん

今回は、「ジョイナス・ナカムラ」の代表、中村泰治さんのご紹介により、「天然石ステージワン(福山市赤坂町早戸1796-1 TEL:084-944-8920 )」代表、岡村健太郎さんに登場願いました。

 

神秘的な地球のかけらと人の縁をつないでいく

 

…きっかけはスカウト

 赤坂バイパス付近の山裾にある築200年超の古民家を再生し、天然石の店を開いて12年になります。金運を呼び込む石として名高いルチルクォーツをはじめ、世界三大ヒーリングストーンのラリマー、スギライト、チャロアイトなど、人気の高い石を中心に多種多様に取り扱っています。ブレスレット用のビーズはもちろんペンダントトップや、原石、水晶、小石型タンブルなどがあるので、身につけたい方とインテリアにしたい方のどちらにも対応できます。主立った石は、開店以来、目利き力があって自分が信頼できる卸屋から仕入れてきました。店舗が山間(やまあい)にあるため、わざわざお越しいただいたお礼として、紐の交換はどなたでも無料にしています。

 私と天然石を結びつけたのは、異業種セミナーで出会った亡き相方です。自分が得意な占いと天然石の店を一緒に始めないかと、スカウトされました。当時の私は、占いにも石にも全く興味がありませんでしたが、その頃、流通業界で利益優先の営業に疲れていたため、お客様のニーズにダイレクトに応えられる商売に魅力を感じて転職。そして、相方の生まれ育った家を店舗に改装しました。後に、相方は病いで仕事を離れましたが、一緒に働いた2~3年は、私が天然石の奥深さにのめり込むには充分で、そこからは私一人で営んできました。今は、タロットが得意なスタッフの力も借りています。



…石の産地や由来も伝える

 天然石は今この瞬間も、世界中で新種が採集されていて、その全てを把握することはできません。私もはじめは、本当にこれが自然のもの?こんなにあるの?という驚きから入り、知識を得るため本を読んだり、店や展示会に足を運んだりしてきました。学生時代は中国経済を専攻していたのもあって、〝パワーストーン〟というより地球のかけら〝鉱物〟と呼んだほうがしっくりきます。原石への思い入れが強く、自分がその石の何に惹かれ、卸屋からどんなエピソードを聞いて仕入れたかなどをよく回想します。原石を買う方はあまりいないので、ほとんど店のインテリアとして仕入れているようなものなので、売れたときは嬉しさ半分、寂しさ半分というのが本音です。また、私自身、石がどこから来たのかを知りたい性分なので、うちでは石の力と一緒に産地も表記しています。これが意外と珍しかったようで、お客様にも喜ばれました。最近は、人工石やガラスも多く出回っているので、産地紹介が安心感にもつながるようです。



…石は直感で選んで

 私は、石は直感で選ぶことをおすすめしています。誰もが自分に必要な石を選ぶ力を持っているので、選んだ後で力を知ると、深く納得できたりするものですよ。そのためにも、うちでは石を全て小皿に出して並べ、じっくり見て選んでいただけるようにしています。

 うちのお客様は女性と同じくらい男性も多く、特に経営者の方は、大勢の社員の人生を背負っている分、自分に合う石を真剣に選ばれています。私も、石には説明できない力のようなものがあると思っています。大切に想えば、石がそれに応えようとしてくれていると感じられますし、また、石自体がついていきたいお客様を呼んでいると思わせるような不思議なことも、幾度となくありました。天然石は、戦争や病気で今よりも死が身近だった時代から人々のお守りでした。情報手段がほとんどなかった時代から、世界中で心の拠り所にされてきたのには、それなりの理由があるのだと思います。

 人の心の波で、石にすごく興味を持つこともあれば、何年も思い出さないこともあります。長く店をしていると、数年ぶりに来られたお客様に、「まだあった」と喜ばれることが増えました。この先も、人が求めるときに応えられるように、細く長く、この店を続けていきたいです。


異業種リレーの『わ』

◎この記事を書いたのは