ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 【創部35周年記念】暁の星中高ギター・マンドリンクラブ 初の現役&OB合同コンサートへ
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2019.2.27

【創部35周年記念】暁の星中高ギター・マンドリンクラブ 初の現役&OB合同コンサートへ

 福山暁の星女子中学・高等学校(西深津町/小野田文明校長)のギター・マンドリンクラブが、創部35周年を記念して現役と卒業生の初の合同ステージを実現させようと、昨夏から練習に励んでいる。

2月9日の合同練習の様子

 本番は3月17日(日)。県民文化センターふくやま(東桜町)で13時開場、13時半開演。入場無料。

 プログラムには、現役部員28人によるマスカーニの歌劇『仮面』序曲や、卒業生約30人による『365日の紙飛行機』、合同ステージでは、マンドリンのために作曲された『AQUA EXPRESS』他を予定している。

 県東部唯一のこのクラブは、器楽合奏クラブ、ギタークラブを経て、1984年頃に現在の形になった。全国フェスティバルにも出場を続け、幾度も特別賞を受賞。昨年11月には県で優秀賞・特別奨励賞も受賞し、来年度の全国コンクール出場を決めている。

 今月9日には同校講堂で合同練習を行なった。クラブOGでもある、顧問の堺井恵子教諭指揮のもと、難易度の高い曲のテンポや強弱に注意しながら丁寧に音をあわせていた。部長の梅澤志帆さん(高2)は「挑戦しようと選んだ曲で、速弾きが大変だが、音を合わせるのが楽しい。マンドリンを聴いたことがない人にも音色を知ってほしい」。OGの浅木麻友香さん(東京都在住31歳)は「回を重ねるごとにまとまってきた。縦のつながりの雰囲気の良さは脈々と受け継がれた伝統。同級生や卒業生にも来て欲しい」と練習に熱を込めていた。

 また、これを第1回に、毎年定期演奏会を開く予定。問合せは同校TEL084-922-1682

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


ビューティーサロン2019