ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜 > 少人数のお葬式について 〜密葬と家族葬
暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

特集・読み物


2019.1.17

少人数のお葬式について 〜密葬と家族葬


 核家族化が進んだ現代、人付き合いが希薄になってきています。長寿化により、病院や施設での生活が長くなることで、交際範囲が狭くなるという背景もあり、お葬式に集まる人が少人数になってきている傾向があります。今回は、少人数で行うお葬式についてです。


◆少人数のお葬式は、密葬と家族葬

 密葬は、言葉の通り内々に行う葬儀で、密葬後に本葬やお別れの会が行われる事を前提とした葬儀のことです。会社のトップなどの場合が多く、多くの参列者を迎える十分な準備ができないことなどが理由です。事情によっては一般の方でも密葬を選ばれる方もいます。

 対して、家族葬ですが、実は明確な定義は決まっておらず、家族だけまたは近しい人のみで故人とのお別れの時間を大切にする一回のみの儀式です。内容や流れなど、基本的に行うことは一般的なお葬式と大差はありません。故人や喪主の意向を反映した個性的な葬儀が可能です。



◆参列するとき・行うときに気をつけたいこと

 一般的に少人数のお葬式の場合、連絡を受けた方以外は参列を控えるのがマナーです。自分の気持ちを押し付けるようなことはせず、喪主側の思いを尊重しましょう。

 少人数のお葬式を選んだ場合、後日、弔問客の対応に追われる、あとで周囲から不満の声が出る、香典がなく結果的に高くつくなどが考えられます。

 後々のことも考慮し、慎重にお知らせする範囲を検討した上で、お葬式を行うことをおすすめします。費用は内容にもよりますので、必ずしも低料金という訳ではない点も注意しておきましょう。



暮らしの仏事シリーズ〜森山仏商〜

◎この記事を書いたのは

株式会社 森山仏商
森山 信弘さん
TEL:0120-119420
福山市神辺町平野368



忘新年会特集2018→2019