ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 教えて先生!健康百科〜歯科〜 > No.14 赤ちゃんの歯 -お口のメンテナンス-
教えて先生!健康百科〜歯科〜

特集・読み物


2019.1.15

No.14 赤ちゃんの歯 -お口のメンテナンス-


 「赤ちゃんのお口の手入れはどうすればいい?」「赤ちゃんの歯はいつ頃生えてくるの?」「乳歯が生えそろうのは何歳くらい?」など、生まれてきた赤ちゃんが大きくなってきて乳歯が生えはじめると、いろいろ悩むことが出てきますね。お口のお手入れは乳歯の生えている状態によっても変化しますので、成長の過程に分けて説明していきます。

【6〜7ヵ月頃】
 初めての乳歯、下の前歯が生えてきます。まずは磨くことよりもお口を覗き込まれること、触られることに慣れさせていきましょう。

【8〜9ヵ月頃】
 上の前歯が生えてきます。授乳や哺乳瓶の吸い口が上の前歯にあたるので『仕上げ磨き』を行っていかないと、虫歯になりやすいので注意しましょう。ストッパー付きで喉の奥に入らない歯ブラシなどで、清掃器具に慣れさせ始めるといいでしょう。


【1歳6ヵ月頃
 乳歯で初めての奥歯が生えてきます。やわらかいものであれば大人と同じものが食べられます。お手入れでは、まず、お子さん自身に歯磨きをしてもらいます。このとき歯ブラシで喉を突いたりしないように、しっかり見守っていてください。仕上げ磨きは毎食後がんばりましょう。毎食後できていない場合、就寝時の仕上げ磨きを特にしっかりとやりましょう。

【2歳頃】
 一番奥に最後の乳歯が生えはじめます。大人とほぼ同じ食事ができるようになります。お子さんが反発する時期に突入するので、仕上げ磨きがむずかしくなる場合があるため、お子さんによっては歯科医院でのフッ素塗布なども考慮していく必要がでてきます。

【3歳頃】
 個人差はありますが乳歯がすべて生えそろう頃です。歯の本数も増えるため、硬いものをしっかりと噛んで食べられるようになります。お子さん自身の歯磨きは上手になってきていますが、これ以降もまだまだ仕上げ磨きが必要です。

 赤ちゃんのお口のメンテナンスというのは、乳歯が生えてくるのにあわせて変わっていったりしますが、どのようにお手入れをしていけばいいかお分かりいただけたでしょうか?しっかりした知識を身につけ、お子さんのお口を守っていきましょう。


教えて先生!健康百科〜歯科〜

◎この記事を書いたのは

小池デンタルクリニック
福山市光南町1-5-23-2F
TEL:084-983-0418



ビューティーサロン2019