ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です! > No.10 〝下肢静脈瘤にサヨナラを〟 ―元気な足を取り戻しましょう―
こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です!

特集・読み物


2018.12.26

No.10 〝下肢静脈瘤にサヨナラを〟 ―元気な足を取り戻しましょう―


足の血管がぼこぼこ浮いてきました。足の調子も良くありません。病気でしょうか。

足の静脈瘤(じょうみゃくりゅう)かも知れません。下肢静脈瘤なら、治すことのできる病気です。最近は、レーザーなどで病気の血管を塞いでしまう画期的な治療法が行われています(血管内焼灼術)。入院も必要なく、日帰り手術で根治できるため、育児や介護・仕事などで治療を諦めていた人も、辛い症状から解放されて身心の元気を取り戻すことができるようになってきました。


 静脈瘤で受診する人の多くは、見た目がみっともない、静脈がぼこぼこ浮いていて気持ちが悪いといった外見上の問題を訴えられます。スカートを何年も履いたことがない、温泉やプールにいけない、など、静脈瘤の存在そのものによる美容的な悩みが最もポピュラーな症状です。


どうして静脈瘤になるのですか。

静脈瘤の成因は、そもそも足の静脈のうっ血による静脈圧の上昇です。足に血液がうったい(よどむこと)すれば足は疲れやすく、だるく、重くなります。さらに、痛い、足がつる、夜間にひどいけいれん、いわゆる〝こむら返り〟を起こすこともあるため、何年も熟睡したことがないと、訴える方もいます。足が張る、はれる、むくむ(夕方になるとあしがパンパンになる)ことも多く、これらの様々な症状で苦悩している多くの方がおられます。


 下肢静脈瘤は、治すことができます。しかも最近は治療技術も各段に進歩し、非常に小さいキズで〝きれいに治す〟ことができるようになりました。早期に専門医を受診し、正確な診断と確実な治療によって、静脈瘤の悩みにサヨナラされるようお勧めします。

こんにちは!日帰り手術専門の医療施設です!

◎この記事を書いたのは

山本醫院
院長 山本 裕 先生
福山市引野町北2丁目8-28
TEL:084-943-2777



忘新年会特集2018→2019