ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 【三之丸町】街と待ち人の心を温める「まちBAE」
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.11.28

【三之丸町】街と待ち人の心を温める「まちBAE」

福山駅に折りばらツリー 暁の星生徒が受け継ぎ6度目。

 
「福山の街と、駅で誰かと待ちあわせをしている人の心を温めて欲しいと願って〝まちBAE(ばえ)〟と名付けました。見た瞬間に笑顔になって欲しいです」。そう語るのは、今年の福山駅コンコースを2018年11月17日から彩っている「折りばらツリー」をデザインした、西深津町の福山暁の星女子高校美術部の松本日菜部長(2年)。

 4m近いツリーのトップに金色の特大折りばらをのせ、中央に24個のピンクの折りばらと、銀の折りばらに、淡い紫色のリボンを付けたモチーフ60個が散りばめられている。足元にはプレゼントをイメージした箱が並ぶ。LEDの青い光も灯っている(2018年12月26日(水)まで)。

 この折りばらツリーは、2003年に市民団体 Rose For Peace 折りばらの会が開始し、13年に暁の星学院が受け継いだ。毎年デザインを変えて展示している。

 11月17日には、中高生徒会執行部メンバー21人が訪れ、脚立を使いながら、全校生徒から集めた折りばらを飾り付けた。同学院創立70周年記念公演を終えたばかりの、ミュージカル俳優・歌手 鈴木壮麻さんと作曲家・演出家の岩崎廉さんも駆けつけて、感嘆の声をあげていた。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山