ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 20181103 文化の日イベントめぐり
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.11.8

20181103 文化の日イベントめぐり

絶好の秋晴れに恵まれた文化の日の3日、福山市内各所で様々なイベントが開かれ、子どもたちもおとなも思い思いの場所へ繰り出し、主催者や参加者として楽しんだ。ごく一部を紹介する。



小学生のお店、大繁盛


 宮通りに、小学5・6年生5人1組による13のショップが並び、売切れ続出の大繁盛ぶりをみせた。
 模擬株式会社を設立した子どもたちが、販売計画から仕入れ、製造、店舗PR(看板等)、販売、決算、納税まで一連のサイクルを体験するプログラム「ジュニアエコノミーカレッジ」の販売実践。福山商工会議所青年部が、実際の商体験を通して、起業家精神を養いたいと主催し、4回目。
 まほうのジュースやすき焼き風丼といった飲食や、ミサンガ、ネックレスなどの雑貨、射的や輪投げなどのゲームの店もあった。手作りのクラムチャウダーを販売したチャレンジャーズ社長の長尾陸君(瀬戸小6年)は「具だくさんになりすぎ反省したけど、喜んでもらえた。お店の飾り付けも必要で大変だが、思っていた以上のスピードで売れ、株主にも良い報告ができる」と働く喜びや難しさを実感していた。

・―・―・―・

商店街で多彩なマルシェ
 とおり町本通、とおり町本通船町、JOYふなまち宝船会、きたはま通りシンボルロード。福山駅近くの4つの商店街〝よんまち〟で「まるしぇのマルシェ」が開催された。
 多くの人が、パンや自然素材、花・植物、アンティーク雑貨などを求めて行き交った。とおり町交流館前では、ギターの弾き語りやアカペラの声が響き、買ったばかりのパンを手に、聴き入る人も見られた。

・―・―・―・

憧れのお仕事わくわく体験
 霞町の中央公園とまなびの館ローズコムで「ふくやま子どもフェスティバル」が開かれた。
 人気のお仕事体験は今年も大盛況となり、薬剤師に畳職人、花屋や図書館司書など10種類のお仕事に小学生が挑んだ。
 スイーツをデコレートするパティシエ体験には、抽選により60人が参加。洋菓子メーカーの商品開発担当者から教わりながら、3種類のスイーツをカラフルに飾り付けた。将来はケーキ屋さんになりたいという鳥越彩那さん(明王台小1年)は「搾るのとか少し難しかったけど楽しかった。今度は大好きなリンゴケーキを作ってみたい」と創作意欲をかきたてられていた。

・―・―・―・

楽しく学ぶ、バスまつり


 中央公園南端では、市民にバスをもっと身近に感じてもらおうと「乗って、触れて、楽しんで」をテーマにふくやまバスまつり開催。
 子どもたちは、福山市中心部を循環する「まわローズ」や路線バス、高速夜行バス「ドリームスリーパー」の運転席に座ったり、車両と記念撮影をしたりして楽しんだ。草戸町の鈴木太陽君(6歳)・琉生君(5歳)兄弟は、まわローズの車内で正しい乗り方を学んだ後、初めて降車ボタンを押すことができて大満足の笑顔。「降りる時は右と左をちゃんと見る!」と教わったばかりの安全確認もバッチリできていた。

・―・―・―・

秋バラ、画用紙に咲く
 秋バラの甘い香り漂う緑町公園で子ども写生大会が開かれ、園児や小学生の〝キッズ画伯〟が、画用紙に絵筆やクレヨンを滑らせアート活動に没頭した。
 2001年5月に同公園にピラミッド型のばら花壇「ローズヒル」が完成したのを機に、もっと子どもたちにも市花「ばら」に親しんでもらおうと、ばらオーナー会(甲斐髙嶺会長)が始めて17回目。秋空の下、子どもたちはピラミッドの至る所に座り込み、大輪のばらを画用紙に描いた。伊勢丘小学校2年の佐伯陽菜さんは、初参加した3年前に金賞をもらって振りがつき、毎年参加しているそうで、今年は大きなばら3輪と自分を描いた。「クレヨンで下描きして絵の具で丁寧に塗ったよ。また金賞取りたいな」と自信作を眺めていた。
 作品は2018年11月19日(月)〜25日(日)、福山市役所3階で展示され、誰でも観覧できる。

・―・―・―・

備後のワインと備後の地魚
 ふくやま美術館前は、餅まきでオープニング。これまでのうずみに変わって、備後フィッシュフェスが開かれ、食欲をそそる匂いを一帯に漂わせた。漁協によるブースのほかに、備後圏域で水揚げされた漁師オススメの魚を食べられる認定店のブースが並び、真鯛の焼きおにぎりや濃厚えびそば、穴子のフィッシュサンドなど、どれも行列ができていた。
 備後のワインの飲み比べができる備後ワインフェスも同時開催。秋晴れのもと、友人とグラスを傾けた内海美津恵さん(本町50歳)は「備後ゆかりのいろんなワインがあり、魚介と一緒に楽しめて美味しい」。森上明美さん(明王台43歳)と髙田裕子さん(木之庄町48歳)も「福山城博物館とふくやま美術館に行って、スタンプラリーもしています。今日は福山めぐりの日」と、文化の日でならではの過ごし方を満喫していた。

・―・―・―・

竹あかりワークショップ
 2018年12月22日(土)から始まる「福山城あかりまつり」に使用する竹に、電動ドリルで穴をあけるワークショップが、宮通りで開かれた。小さな子どもたちも軍手を付けて、保護者と一緒に竹を押さえるなどして手伝った。
 2018年11月10日(土)と24日(土)には、アイネスフクヤマでも開催される。13時〜16時。参加自由。無料。問合せは福山商工会議所青年部 TEL:084-921-2345




ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内