ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 自主保育って知ってる?「ねっこぼっこ」が上映会企画
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.10.18

自主保育って知ってる?「ねっこぼっこ」が上映会企画

子どもと一緒に鑑賞11/3

 福山で今年4月に自主保育をスタートした「ねっこぼっこ」が、2018年11月3日(土・祝)10時から、伊勢丘の東部市民センター大会議室で上映会を開く。
 映画のタイトルは『さぁ のはらへいこう』。鎌倉の里山で30年以上、自主保育を続けた「青空自主保育なかよし会」の子どもたちの成長をとらえた、約2時間のドキュメンタリー映画。
 自主保育とは、保育園や幼稚園以外で野外をフィールドに、母親同士が我が子もよその子も一緒に子育てをする特徴的なスタイル。

 ねっこぼっこは、1歳〜3歳が対象。
月曜日は冒険遊び場てんぐりかっぱ(千田町)を、木曜日は蔵王山を活動拠点に自主保育を行なっている(10時〜13時半)。

代表を務める山本敦美さん(吉津町33歳)は数年前にこの映画を見たことが自主保育のきっかけになったという。「プラスチック製品や電子音に育てられるのではなく、手足を動かし地に足をつけた幼少期を過ごして欲しい。地域にこんな保育もあると知ってもらう種をまきたい」と願っている。

 
会場内にはキッズスペースがあるので、子連れでも鑑賞でき、終了後には参加者やスタッフが意見を交わせる交流会もある(自由参加)。
参加費1,000円〜(上映会にかかる経費分担)、中学生以下無料。
定員80人。
予約・問合せはnekkonohara.123@gmail.com またはTEL:090-4101-3485 山本さん。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内