ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Fukuyama サークルのわ > まぁ・どんな劇団
Fukuyama サークルのわ

特集・読み物


2018.9.22

まぁ・どんな劇団

[初演:2009年 団員:14人 活動:木曜日(月2回程度)    場所:下岩成下組集会所など]


マドンナたちが、笑いと元気を届けて10周年

「まぁ・どんな劇団」は、かつてその美貌と人柄で人々を魅了したマドンナたちが、創作劇を通じて公民館や施設に元気を届けるお笑い劇団。
 2009年、幼なじみ8人が集まり、下岩成のふれあいいきいきサロンで旗揚げした。毎年1作品を奥田秀子団長(御幸町69歳)のオリジナル脚本で演じながら、徐々に衣装や音響、背景・小道具も充実させてきた。
 10周年の今年の演目は『全員集合、オールスター感謝祭』。過去10年で登場させた、水戸黄門に浦島太郎、桃太郎、白雪姫といった〝スター〟が1つの作品に〝全員集合〟! しかも、竹の中で年をとってしまったかぐや姫をはじめ、それぞれの登場人物が本来の物語とはかなり違う〝往年〟感を漂わせながらコミカルに演じている。団員の神原るり子さん(同70歳)によれば「脚本をベースに、観客の反応を見ながらのアドリブが増え、ナレーションを困らせている」ほどの芸達者ぶりとか。
 現在、公演依頼を歓迎中。奥田団長は「昔はマドンナといわれていた私たちですが、さていつまで続けられるか…。まぁ足腰はどんな? まぁ頭はどんな?と励ましながら仲良くやりましょうね」と呼びかけている。


問合せは TEL.090-9060-4356 (奥田さん)

Fukuyama サークルのわ

◎この記事を書いたのは

福山に関係するサークル・団体の気になる活動内容を、ぷれこ編集部がレポートします!