ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 応募4万人超★スタースカウト総選挙★グランプリが福山から誕生
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.9.7

応募4万人超★スタースカウト総選挙★グランプリが福山から誕生

 2018年8月25日、大阪のZeppなんばで行なわれた日本最大級のオーディション「スタースカウト総選挙(スタ選)2018」(実行委員会主催)で、ランウェイを歩いたファイナリスト300人の中から、猿川夢空さん(手城小6年/11歳)がグランプリに輝いた。応募総数は4万231人だった。


とびっきりの笑顔でランウェイを歩いた夢空さん(写真:猿川さん提供)

 大手プロダクション23社が参加の中、夢空さんは堂々とランウェイを歩き 、舞台の中心では、空手の二段蹴りを披露!凛々しい表情でポーズを決めた後は、とびっきりの笑顔でギャップを利かせた。主催者によれば「プロダクションのスカウト担当がみな、くぎ付けになるぐらい 〝カッコカワイイ〟立ち居振る舞いだった」という。

 今後、東京で行われるスカウト会議で、数多くのプロダクションより指名をもらい、誰もが知るプロダクションに所属が決定すると考えられる。


 後日、福山に戻ってからインタビューに応じてくれた夢空さん。

 スタ選の衣装は、白いTシャツにデニムという規定があり、お腹が見える80㎝サイズのTシャツを自分で選んで買ったそう。ランウェイで得意の空手技をするため、インヒールスニーカーにしたのがポイント。ロングヘアを角のようなお団子ヘアにして軽快にまとめた。「お客さんが多くて緊張して、恥ずかしかったけど自分をアピールできたと思う」。グランプリの発表があった瞬間は、「おかあさんと抱き合って喜んだ。びっくりした」と振り返ってくれた。

グランプリのボードを持って(写真:スタ選実行委員会提供)

 3歳から空手を始め、今も空手道志成館で練習に励み、緑帯4級の腕前。県大会で優勝し、2018年9月23日(日)に東京都内で開かれる「国際親善第10回全日本空手道選手権大会」型の部に出場する。「空手できれいな筋肉を付けて、モデルとして歩きたい。初めての仕事は雑誌がいい。CMもいいかな。憧れのモデル、新川優愛さんにも会いたい」。はにかんだ笑顔で小学生らしい一面も見せながら、芸能界という新たなステージに立つ夢を語っている。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


美味しい肉の店
バスツアーのご案内