ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > Human Close Up 顔 > 絶景の箕島で音楽に浸る「風フェス」企画【風の時計/風のホール】
Human Close Up 顔

特集・読み物


2018.9.7

絶景の箕島で音楽に浸る「風フェス」企画【風の時計/風のホール】



風の時計/風のホール
マネージャー
石村 朱沙子 さん(21)


パーソナリティーとマネージャー
 毎週金曜日の夜11時、エフエムふくやまの「音の喫茶店」のパーソナリティを務める、優しい声の持ち主・石村朱沙子さん。Asakoとして歌手活動もしており、エンディングでは、18歳のとき自ら作詞作曲した『Teen's night』が流れる。
 実は朱沙子さんは、海の絶景を眺めながらいただく鉄板焼カレーが大人気のギャラリー「風の時計」と、コンサートや映画鑑賞など多彩に利用できる地階の「風のホール」のマネージャー。父親の和彦さんが経営するここで、9月16日・17日の2日間にわたって開く初の大型イベント「MINOSHIMA 風のフェスティバル(風フェス)」に関わり、「多くの人に楽しんでもらい、福山の名物イベントにしたい」と企画している。
 


抜群のロケーションで風フェス
 「風フェス」は、備後を中心とするアーティストやパフォーマー、学生たちによる音楽の祭典。広い駐車場を利用した200席以上の特設ステージをメイン会場に、屋外円形劇場のような50席を備えたアコースティックステージ、昨秋完成した、抜群の音響を誇る最大150席の風のホールの3会場が楽しい音楽に満たされる。しかも基本的に入場無料(両日18時〜21時、風のホールを使ったオールディーズライブのみ有料)。また、「参加型の音楽祭にしたい」とのことで、1日30組のカラオケ大会(予約優先/当日飛入り可)も予定している。「自慢の鉄板焼カレーや特設の屋台フードのほかに、持ち込まれた食べ物を召し上がってもらってもいいので、音楽を聴きながら1日ゆっくり過ごしてもらえたら」と勧める。



シンガーソングライターとして
 このイベントでは朱沙子さんも、シンガーソングライターとしてステージに立つ。5歳からピアノをはじめ、小学校で初めての作詞作曲、弾き語りをし、中学校で本格的にボイストレーニングをスタートした。2年間のカナダ留学で磨かれた英語の発音もきれいで、オリジナルCDからも何曲か披露する。「10代で作った歌もあるので、同年代の人に共感してもらえたらいいなと思っています。カバーでは、西城秀樹やツイスト(世良公則)など、広島・福山ゆかりの懐かしい歌も予定しています。幅広い年代の人に楽しんでいただきたいです」。海辺の爽やかな風に吹かれながら準備を進めている。



===============
風の時計/風のホール
福山市箕島町6585    TEL:084-971-3580

Human Close Up 顔

◎この記事を書いたのは




美味しい肉の店
バスツアーのご案内