ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 【内海町】<命よ育て>真鯛の稚魚放流 <心を癒して>ビーチ海開き
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.7.21

【内海町】<命よ育て>真鯛の稚魚放流 <心を癒して>ビーチ海開き

内海町田島にある全長約700mの三日月形の砂浜が広がるクレセントビーチが、7月13日海開き。


町内にある内浦小学校児童と内浦・内海保育所の園児が和太鼓や漁師歌の『箱崎大漁節』で祝い、
内海小児童と一緒に今夏の初泳ぎを楽しんだ。
水を掛け合ったり、「せ〜のっ!」で同時に飛び込んだりしながら、水しぶきをあげた。

また、海の日の関連事業として、3㎝ほどに育ったマダイの稚魚3千びきを放流した。
行ってらっしゃいと声をかけていた檀浦緋菜さん(内浦小4年)は「タイが大きくなって、美味しくなって帰ってきてほしい。水は少し冷たくてめっちゃ気持ちいい」と笑顔で話していた。


これに先だって海開きの式典が行なわれた。
安全祈願神事の後、ビーチを管理する田島漁業協同組合の兼田雅彦代表理事組合長が主催者を代表して、豪雨災害のお見舞いを述べたあと、「平成9年のオープン以来、毎年2万人以上が訪れる波がおだやかできれいな砂浜、安心して楽しんで」と挨拶した。
市観光課の久保正敬課長も「観光施設も被害を受けているがここは当初の予定通りで安堵している。災害に疲れた市民の癒しにつながれば」と語った。

先生方も、「普通のありがたさを改めて感じる」「節水でプールが使えない学校も海を楽しんでもらえる」と見守っていた。

利用は8月19日(日)まで。
最終日の20時から花火大会でフィナーレ。
問合せはTEL:084-986-2911。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


忘新年会特集2018→2019
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山