ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ >家づくり > 家を建てる >
 

有限会社小野工務店

084-958-3135


2018.7.10

【家づくり 施主様インタビュー】“古き良き”を活かした古民家のお店



福山市沼隈町にある『酒とアテと庭・劇場酒場<田丸屋>』さん。
お昼のランチから、夜は美味しいお酒とアテを楽しめる、古民家をリノベーションしてできた、趣きのあるお店だ。

小野工務店は、ここの店舗と、その隣の住居のリノベーションを手がけた。

デザイン・設計は京都にある『アトリエボンド』さんで
施工をしたのが『小野工務店』だ。



小野工務店は有名な設計士やデザイナーから、施工を任せられることが多いそう。


今日は、そんな小野工務店が施工した、『田丸屋』の田中オーナーにインタビュー取材をさせてもらった。



古民家をリノベして住居にし、その隣も購入して、お店に。
古民家のリノベなので、新旧のバランスをこだわり、
柱や梁、土壁など古くても味のある物はそのままに、新しい箇所とのメリハリをつけて唯一無二の空間にしたかったという。



今回はお店の方にお邪魔させてもらった。


清潔感のある、木のカウンターにお座敷。


昔の柱や壁がすごく味のある雰囲気を醸し出している。
でも、古びた印象は感じさせない。



どこか懐かしい気持ちになりながらゆったり過ごせる空間には
BARならではの、洗練された上品さもある。

まさに“新”と“旧”が融合されている。


縁側には広いお庭。


季節によって景色を変える植物を愛でながら
美味しい料理とお酒をいただく・・・
なんて贅沢な時間だろう。


「お客様も、落ち着くからいいねって喜んでくれます。地元の方が来られることが多いのですが、前のお家から知っている方も多くて。親戚の方々も“あの時のままですね。” “懐かしいわ~、またここにこんな形で遊びにこれるなんて、嬉しい。”と言ってくれるんです。」と田中オーナー。

そう、ここは地域の人たちにも愛されるお店だ。

以前の古民家から愛着をもっている方も少なくないのだろう。


ウッドとアイアンで造られた階段をのぼると、
存在感の大きい梁と土壁。
古民家ならではの、景色が広がる。



これらを魅せるのにも、職人の技術が必要だ。



新築と違ってリノベーションは、そのまま使えるものは使うのだけど
結構費用もかかる。

内装はもちろん、耐震や断熱、見えない部分もチェックして、新しくしないといけない。


「予算が本当に限られていて、でもやりたいことも結構あったんです。小野さんは、予算内で、たくさん工夫してくれて、とことん要望にも応えてくれました。新築よりも難しいと言われているリノベーションですが、さすが職人集団!といった丁寧な仕事ぶりで、技を随所に感じています。」

と話してくれた。


お店の壁にはいろんな色のべニア板が貼ってある。

これは、予算内にするために費用を抑えながら、
かつお洒落な雰囲気も出るようにと小野さんが工夫して施工してくれたそう。

色あいを考えながら、等間隔に数ミリずつ空けて貼ってある。

手作業で、ひとつひとつ貼られた板は、空間とマッチし
可愛らしさを演出する。


小野工務店は、自社職人のいる工務店。
だからこそ、打ち合わせから、見積もり、施工、がワンストップでできるのだ。
工事途中で、直接職人さんと話ができたり
「もっとこうしてほしい!」「こんなのあったらいいな」という意見を
しっかりと聞いてもらえる。
そんな工務店さんは多くない。



お店の隣には田中オーナーの住居がある。


ここも古民家のリノベだ。

「おうちでも、お酒が美味しく飲める空間が欲しくて。月を眺めながら外でお酒が飲める広々としたウッドデッキや、メインで過ごすキッチンやリビングといった家族で集う場所をこだわりました。」

アイランドキッチンや広いリビング・・・
実際に食事も楽しく、子どもたちと一緒に料理をする機会も増え、ライフスタイルが変わったという田中さん。


心地よい住まいが、家族のつながりや絆を深める。



ウッドデッキは、なんと小野さんが2日間で仕上げたそう。

「限られた工期、限られた予算の中で、小野さんはホントに一生懸命やってくれました。走り回れるくらい広いウッドデッキもすごく気に入ってます。」


住居は、もちろん素材にもこだわる。

「廊下は全て無垢材の杉板です。ぬくもりがあり、冬も裸足でも足が冷たくないんです!暮らしていくうちに、経年変化し、味が出てくるんですよ。」


住居内には、外の景色が、まるで絵画のように楽しめるスペースもある。


空間はもちろん、そこで過ごす人や時間にフォーカスしていると感じた。



最後に、これから家づくりを考えている人にメッセージをいただいた。

「十分に家づくりのイメージをつくって、部屋の数よりも、自分たちがどんな場所でどんな暮らしがしたいか、ということが重要かなと思います。たくさん部屋があっても、普段実際に過ごす部屋はだいたいひとつ。自分が一番過ごしたい空間をとことんこだわってつくることを重視すると良いと思います。

そして、小野工務店の小野さんは、“こうして欲しい”というわがままに一生懸命応えて提案をしてくれます。しっかりと話も聞いて下さるので、要望もいろいろと伝えました。良い職人集団の小野さんは、ほんとにおすすめですよ。」




住居も店舗も、新築もリノベも得意な小野工務店。

設計士さんや有名なデザイナーさんから公務を任せられる理由がよ~く分かる取材だった。


また、小野工務店では、自然素材の“大谷石”を使った家づくりをおすすめしている。
クロスや塗りではなく、石の壁。馴染みは少ないかもしれないが、調湿・召集高価、健康への配慮に長けている素材だ。

是非一度体感してみてほしい。






※田丸屋さんは店舗ですので見学できます。
是非美味しいお酒を飲みに、ご飯を食べに、お出かけください。



忘新年会特集2018→2019
Shop Data

店名:有限会社小野工務店(ゆうげんがいしゃおのこうむてん)HP

TEL:084-958-3135

住所:福山市芦田町向陽台612-22

交通:福山市立動物園近く

カード:不可

駐車場:あり

 



Pick UP!
バスツアーのご案内
福山備後エリアの結婚相談所・プレスシード婚活事業部プランタン福山