ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > ぷれこニュース > 【加茂町】広瀬を知って! 天空の「ひろま」に5千人〜クラストフェス大賑わい〜
ぷれこニュース

ぷれこニュース


2018.6.8

【加茂町】広瀬を知って! 天空の「ひろま」に5千人〜クラストフェス大賑わい〜

 標高400m、四川ダム上方にある加茂町北山の広瀬地区に、2018年6月2日と3日、市内外のハンドメイド作家が集結。広瀬マイスタークラフトフェス「ひろま」が開かれた。


 人口僅か200人程度の過疎地域だが自然も空気も美しいこの広瀬地区を、もっと多くの人に知ってもらいたい。そう願って地元有志が実行委員会を立ち上げ、町おこしの起爆剤として3年前に始めた年に1回のイベントだ。

 今年も革、木工、陶芸など様々なジャンルの作家ブースと、こだわり素材の地元飲食ブースなど合わせて53店舗が集まり、来場者は木洩れ日を受けながら、買い物や食事を満喫した。ワークショップも目白押しで、ストローのような麦わらに糸を通して多面体のヒンメリ(吊るし飾り)を作った小林未和さん(駅家小6年)は「おしゃれで面白いのができた。ここはいろんな体験ができるから楽しい」と声を弾ませていた。

 両日、天空の町は過去最高の5千人(主催者発表)の人出で大賑わいとなった。

 発起人の中川理実行委員長(55歳)は「最初は少ない人数から始めたが、今では地域の人も率先して準備を手伝ってくれて有り難い。ひろまに来て広瀬の魅力を知り、移住した人もいる。もっとたくさんの人に広瀬に足を運んでもらえるように、イベントも地域も盛り上げていきたいですね」と笑顔で話していた。

ぷれこニュース

◎この記事を書いたのは

ぷれこからの最新ニュースです!


バスツアーのご案内