ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > こんにちは!循環器科内科です! > No.101 上室性期外収縮とは
こんにちは!循環器科内科です!

特集・読み物


2018.5.17

No.101 上室性期外収縮とは


健診の心電図検査で上室性期外収縮と書いてあり、経過観察になっていました。上室性期外収縮ってなんですか?

心臓は心房と心室に分かれます。心房と心室はそれぞれ左右の二つに分かれます。合計四つの部屋から心臓はできています。心臓は電気刺激を与えると収縮します。正常の場合、右心房の上にある洞結節というところから、規則正しく電気刺激が出ます。その刺激によって、まず心房が収縮します。次に心室に電気刺激が伝わり、心室が収縮します。これが正常の場合の心臓の収縮です。
 期外収縮というのは、この洞結節から出た電気刺激ではなく、それ以外の場所から出た電気刺激によって、心臓が収縮する場合をいいます。上室性期外収縮は、左右の心房のどちらかから出た電気刺激によって心臓が収縮する場合をいいます。
 上室性期外収縮は、期外収縮が出ても血流にあまり影響は出ません。脈も触れるし、血圧も測れます。自覚症状も軽く、期外収縮が出ても気が付かない場合が多いです。一回出ただけで、すぐに元の正常の脈に戻れば問題ありません。問題になる場合は、連続して出た場合です。上室性期外収縮が連続して出ると、上室性頻拍症という病気です。安静にしていても走っている時の脈のように早くなりますので、動機がしてしんどくなります。この場合は、治療が必要になります。
 上室性期外収縮とは別に、心室性期外収縮というのもあります。心室性期外収縮は、左右の心室のどちらかから出た電気刺激によって心臓が収縮する場合をいいます。心室性期外収縮は、期外収縮が出ると心臓から出る血液の量が正常より少なくなります。そのため脈拍は触れず、脈が飛んだように感じます。心室性期外収縮は、上室性期外収縮よりも症状が強く現れやすく、胸がドキンとしたという表現をされることが多いです。
 心室性期外収縮が連続して出ると、心室性頻拍症という病気です。この場合は血圧が測れず、ショック状態になり、とても危険な状態です。できるだけ早く、元の脈に戻す必要があります。電気ショックが有効な方法です。最近、よく見かけるようになった、AEDという機械をつけて、元の脈になると救命できます。

こんにちは!循環器科内科です!

◎この記事を書いたのは

竹本内科循環器科
院長 竹本 雅雄 先生
福山市大黒町1-8
TEL:050-1220-8886



美味しい肉の店
バスツアーのご案内